CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

福島~仙台遠征 その5

f:id:chibatrain:20180309135121j:plain

会津の実家で年を越した後、自宅に戻る前に仙台まで足を伸ばし一泊しました。

郡山から福島に向かう途中に乗った車両が701系です。

701系は仙台・福島地区だけでなく、盛岡地区、秋田地区でも運用され、IGT岩手銀河鉄道(7000系)や青い森鉄道(701系)でも同型の車両が走っています。

車体は209系基本番台と同じ川崎重工業の2シート工法による軽量ステンレスが採用され、主電動機は209系と同じかご形三相誘導電動機MT65を搭載、制御方式も209系と同じですが、209系がGTO素子のVVVFインバータ制御であるのに対して、こちらはパワートランジスタ素子です。

但し、制御装置は更新時にIGBT素子に変更されています。

乗った感じでは、ストレートボディの為、車内は幅広で低床のE721系よりも狭く、座席はオールロングシートのため、快適性はイマイチです。