CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

小湊鉄道 キハ200型

f:id:chibatrain:20180311121941j:plain

↑ 現在小湊鉄道の車両はすべてキハ200型に統一されています(里山ロッコを除く)。

キハ200型は、1961年に登場した小湊鉄道の標準型ティーゼルカーで、1977年までに14両が製造されました。

かつて、小湊鉄道では、蒸気動車やガソリンカーなども活躍したが、資金難のためかいずれも他社からの譲渡車や改造車ばかりで車両の確保・運営には苦労していましたが、これらの旧式車両はすべてキハ200型により置換・淘汰され、現在では、小湊鉄道内の列車はすべてこのキハ200型によって運行されています。

キハ200型の増備による置き換えが16年もかかってたのは、その費用捻出がなかなかできなかったためで、初期に製造されたものは製造後すでに40年が経過していますが、2017年現在では保留車のキハ209を除き、13両が現役で活躍しています。
このうち、冷房化改造されているのは12両です。

車両の仕様的には、設計当初、国鉄千葉駅への乗り入れを考慮し、当時の国鉄の標準型であるキハ20系に準じ、両運転台車となったが、前面ではヘッドライトが左右2灯に分かれるなど、細部に独自設計である証を見ることができます。

車体長さは20m、幅は2903mm、自重は30t、エンジンはキハ20と同じDMH17C(180ps)です。

車内はロングシートで、定員は160人(キハ20は82人)、乗務員室は簡易な仕切り構造になっているので、前方の見渡しが良く、開放的な設計になっています。

製造時期が長いので、その時期によって車両毎に差異があるのも特徴的で、テールライトに若干違いがあるほか、側面窓が、初期のものは2段上昇式であるのに対して、211号以降は、ユニット窓になっています。

現在、DMH17Cエンジンを搭載する現役車両は少なく、JR各社でも定期運用を持つ搭載車はあとわずかで、私鉄でも島原鉄道茨城交通などの一部に残るのみとなっています。

小湊鉄道のキハ200は、代替予定はなく当面はそのまま残るため、今後ますます貴重な存在となると思われます。

f:id:chibatrain:20180311121944j:plain

 ↑ 春の桜が満開の里美駅に停車するキハ200形。 

f:id:chibatrain:20180311121946j:plain

 ↑ 五井駅に停車中の単行運転のキハ200型。

f:id:chibatrain:20180311122008j:plain

↑ 上総中野駅で、出発の時刻を待つキハ200型。

f:id:chibatrain:20180311121952j:plain

↑ 側面窓は、初期のものは2段上昇窓になっています

f:id:chibatrain:20180311121949j:plain

 ↑ 211号以降は、ユニット窓に変更されています。