CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

西武鉄道 新101系 白塗装

f:id:chibatrain:20180429185849j:plain

 ↑ 新101系は1979年以降増備され、デザインが変更されました。

新101系は、1079年以降から製造された101系の増備車で、前面などのデザインが変更されたことから、「新101系」として区別されました。

2両編成と4両編成が増備されましたが、1980年12月に導入された4両編成は車両番号が300番台となり、第305編成が導入された時点でこれらのグループは301系として区別されました。

301系は、1982年以降各編成にサハ1301を含む中間車が組み込まれ8両固定編成となりました。

最終的には新101系が100両、301系が56両の系156両が導入されました。

新101系・301系は、デザインは旧101系から大幅に変更されましたが、台車・ブレーキシステム・電装品などは従来と同じで、冷房装置は新製造時から搭載されました。

大きくデザインが変更されたのは前面で、外部塗装は旧101系同様イエローがベースで、側面窓周りにウォームグレー帯は入っていましたが、401系・701系・801系の全廃後はイエロー1色に変更されています。

前面の窓周りのヘコミは、当初はウォームグレーや、それより濃いグレー、黒色などが存在しましたが、後に全車黒色に統一されました。

新101系・301系は、新製当初は池袋線系統に集中配置されましたが、その後新宿線系統への転配が進み、西武有楽町線新交通システム山口線を除く全線で運用されるようになりました。

しかしながら、老朽化による配車が進んだことで年々運用本数は減少し、2018年2月現在で、ワンマン化改造された4両編成10本(計40両)が残り、西武園線多摩湖線多摩川線で運用されています。

塗装は一部を除き、基本的には白色となっていますが、最近一部でリバイバル塗装の編成が登場しています。

f:id:chibatrain:20180429185856j:plain

 ↑ 多摩川線・多摩湖線ではワンマン運転が実施されています。

f:id:chibatrain:20180429185858j:plain

 ↑ かつては黄色だった101系は、現在は白色が基本です。

f:id:chibatrain:20180429185901j:plain

 ↑ 2010年に多摩川線の旧101系置き換え用に転用された4編成、当初は春夏秋冬の四季をテーマにしたラッピングが施されていました。

f:id:chibatrain:20180429185904j:plain

 ↑ 多摩湖線で運用される新101系。

f:id:chibatrain:20180429190106j:plain

 ↑ 運転台付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180429190109j:plain

 ↑ 運転台の様子。

f:id:chibatrain:20180429190112j:plain

 ↑ 車内の様子。

f:id:chibatrain:20180429190115j:plain

 ↑ 座席と乗客用扉付近の様子。