CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 クモハ123‐1 

f:id:chibatrain:20180520163210j:plain

クモハ123‐1は、中央本線の塩嶺トンネル完成に伴い、支線化した辰野-塩尻間(中央本線辰野支線)で運用するため、1986年に国鉄長野工場でクモニ143‐1から改造された車両です。

同年11月に営業運転を開始し、「ミニエコー」の愛称で運用されました。
走行関係は種車のものがそのまま流用され、将来のワンマン運転を考慮して側面両端部には1,000mmの片開き扉が設けられました。

側面窓は幅674mmのユニット窓となり、一部の窓は種車のまま流用されていました。

改造当時は冷房装置は搭載されていませんでしたが、1995年に集約分散式冷房装置(AU712形2基)が搭載されました。

デビュー当初は白地に緑帯の塗装でしたが、その後ローズピンクと白色のツートンに変更されています。

辰野-塩尻間を中心に運用されてきましたが、老朽化により2013年3月のダイヤ改正でE127系に置き換えられ、引退しました。

鉄道コレクションでは、第20弾でデビュー当初の塗装、非冷房の仕様で製品化されました。

f:id:chibatrain:20180520163213j:plain

↑ クモハ123-1

f:id:chibatrain:20180520163219j:plain

↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20180520163221j:plain

↑ 運転側側面の様子。

f:id:chibatrain:20180520163224j:plain

↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20180520163301j:plain

↑ 反対側運転席側面の様子。

f:id:chibatrain:20180520163305j:plain

↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20180520163308j:plain

↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20180520163311j:plain

↑ 反対側前面の様子。