CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 クモハ123‐45

f:id:chibatrain:20180521154651j:plain

クモハ123の40番台車は、1987年1月に郵便荷物合造車のクモユニ147形から改造され、5両(41-45)が登場しました。

運転台直後に片開き扉を設けた2扉車で、外観・室内ともクモハ123-1に準じていますが、側面窓がやや大きくなり、戸袋窓は廃止されました。

また、ドア下部の張り出しが前位側(パンタグラフと逆側)にありました。

1989年に集約分散式冷房装置を2基搭載し、5040番台(5041-5045)に改番されましたが、5045のみは前面に貫通扉が追加され5145に再改番されました。

その後も活躍を続けましたが、2006年から2007年にかけて313系に置き換えられる形で廃車となりました。

なお、塗装については、当初は白地に赤帯と前面に身延の頭文字(「M」)を図案化した模様でしたが、のちに119系やキハ40系同様に白地にオレンジと緑の帯による塗装に変更されました。

鉄道コレクションでは、第20弾でデビュー当時の塗装・姿で「クモハ123-45」(語呂合わせが良い)を製品化しています。

f:id:chibatrain:20180521154654j:plain

↑ クモハ123-45

f:id:chibatrain:20180521154657j:plain

↑ 前面の様子。身延の頭文字(M)を図案化したデザインです。

f:id:chibatrain:20180521154700j:plain

↑ 運転台付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180521154703j:plain

↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20180521154831j:plain

↑ 反対側端(運転台付近)の様子。

f:id:chibatrain:20180521154834j:plain

↑ 反対側前面の様子。

f:id:chibatrain:20180521154837j:plain

↑ パンタグラフの様子。

f:id:chibatrain:20180521154839j:plain

↑ 台車の様子。