CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東武東上線他 その2

f:id:chibatrain:20180528095959j:plain

東上線で並ぶ、東武10000系シリーズ(10300系)と東京メトロ10000系です。

東武東上線東京メトロの相互乗り入れは、1987年の営団地下鉄(現:東京メトロ有楽町線和光市までの延伸開業、及び東上線和光市駅志木駅複々線化に伴うダイヤ改正で、開始されました。

当時は、営団地下鉄7000系と東武鉄道9000系を使用して直通運転が行われました。

その後、有楽町線は新木場まで延伸し、小竹向原駅-池袋間で新線が開業、更に副都心線として渋谷まで延伸し、東急東横線との直通運転の開始により、東上線から横浜方面への直通列車が出るようになり、列車も使用車両も多種多様になりました。

乗客にとっては、便利になった一方、複雑な列車の運用を理解して、行き先の違う列車を上手く使い分ける知識が必要になりました。

因みに、写真のうち東武10300系は地上線専用の車両です。

鉄道フアンなら知っていて当然ですが、9000系も10000系も30000系も区別できない一般の利用客は、列車の行き先をきちんと確認しないと、誤った目的地に行ってしまう恐れがあります。