CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東京急行電鉄 5050系

f:id:chibatrain:20180528133031j:plain

↑ 5000系シリーズの東横線バージョンとなった5050系

5050系は、8000系の置き換え用として2002年に登場した5000系列の東横線仕様で、2004年に登場しました。

4M4Tの8連が基本で、基本性能や設計はは5000系とほぼ同じです。
車体はステンレス製で、幅が20mm拡大され、定員は1~2名増加しています。
側面上部の帯については、ラインカラーである桜色とされ、保安装置は田園都市線用が基本のATCに、東横線用情報装置が搭載されています。

2017年4月現在、5050系(4000番台を除く)は8両編成27本(216両)が在籍していて、東横線と直通運転先の横浜高速鉄道東京メトロ副都心線東武東上線西武池袋線に乗り入れています。

このうち、東武東上線には8両編成のため志木までの乗り入れとなり、西武池袋線では飯能まで乗り入れるものは少なく、日中は石神井公園保谷まで、それ以外の時間も小手指までの運転が中心となっています。

f:id:chibatrain:20180528133034j:plain

↑ 2004年から増備が開始されています。

f:id:chibatrain:20180528133037j:plain

↑ 基本性能は5000系に準じていますが、車体幅が20mm拡大されました。

f:id:chibatrain:20180528133041j:plain

↑ 側面上部はラインカラーの桜色が配してあります。

f:id:chibatrain:20180528133044j:plain

↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20180528133120j:plain

↑ 運転台付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180528133124j:plain

↑ 台車は3000系以降で採用されているボルスタレス式空気ばね台車を採用。

f:id:chibatrain:20180528133127j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20180528133130j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20180528133133j:plain

↑ 車内の様子 その1

f:id:chibatrain:20180528133202j:plain

↑ 車内の様子 その2

f:id:chibatrain:20180528133205j:plain

↑ 腰掛はSばね入りとして、5000系よりも若干乗り心地が改善されています。