CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

DE10

f:id:chibatrain:20180521190059j:plain

↑ DE10は支線区や構内入換用として1966年に登場しました。

 DE10は、構内入換用及び支線用の標準型として導入された国鉄ディーゼル機関車で、1966年から1978年にかけて708両が製造され、全国で活躍しました。

機関はDD51に搭載されたDML61Zの改良型が採用され、出力は支線用としても十分な1250psを確保されました。

車体は、DD13やDD51と同様に運転室を中央に配置する凸型車体ですが、搭載する機関が1台であることから、運転台が中心から外れて配置された「セミ・センターキャブ」の形状となりました。

 軸配置は、線路規格の低い線区での脱線や軌道破壊を防ぐため、通常とは異なる「A-A-A-B」の5軸とされ、運転整備重量は65tとDD13(4軸・56t)よりも増加しながらも、軸重は13トンと減少しました。(DD13は14t)

 凸型車体のうち、ボンネットが長い側(第1エンド側)機関が搭載され、反対側(第2エンド側)にSGなどが収容されました。

 DE10は、北海道から四国・九州までの全国各地に配置され幅広く活躍しましたが、1975年の動力近代化完了以降は、旅客列車の電車・気動車化、貨物輸送による貨物列車廃止や赤字支線区の廃止などに伴い列車牽引の運用が減少し、1984年度の貨物輸送形態見直しによる操車場機能の縮小などにより構内入換の運用も激減したため、大量の余剰が発生しました。

このため、初期車を中心に淘汰が開始されたものの、多くの車両が休車となり構内に留置されるようになりました。

1987年の国鉄民営分割化では、約半数の361両がJR各社に継承されました。

JR発足後は、引き続き支線区での貨物列車牽引や構内入換などで使われる他、各地で観光用として運用されるジョイフルトレインやイベント列車などの牽引でも使用され、そのための特別塗装を施したものも多く登場しました。

しかしながら、近年では老朽化が著しく目立つようになり、JR貨物所有機については、構内入換作業では2012年に量産化が開始されたHD300への置き換え、廃車が進んでいます。

更にJR貨物では新型ディーゼル機関車DD200形を現在開発中で、量産化が開始された後は更に淘汰が行われるものと思われます。

f:id:chibatrain:20180521194841j:plain

 ↑ 千葉県の「いすみポッポの丘」で静態保存される30号機。SGを搭載した基本番台車です。

f:id:chibatrain:20180521190102j:plain

 ↑ 大宮駅構内で撮った1099号機。DE10特有の「AAAB」軸配置が分かります。

f:id:chibatrain:20180521190105j:plain

 ↑ 会津若松機関区に所属していた1124号機。(許可を得て撮影)

f:id:chibatrain:20180521190108j:plain

 ↑ 高崎車両センターで休む、1698号機(許可を得て撮影)

f:id:chibatrain:20180521194845j:plain

 ↑ 宇都宮運転所に配置されていた1603号機。

f:id:chibatrain:20180521194847j:plain

 ↑ JRに継承されたDE10も運用の減少や老朽化により、現在廃車が進んでいます。