CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

DD13 1号機

f:id:chibatrain:20180610184028j:plain

↑ DD13のトップナンバーが大宮の鉄道博物館に静態保存されています。

DD13は、1958年に登場した入換用液体式ディーゼル機関車で、改良を重ねながらも1967年までに416両が製造され、全国のヤード活躍しました。

当時、構内入換用のディーゼル機関車としては、日本初の液体式であるDD11が既に導入されていましたが、DD11に搭載されていた2基の機関(DMH17B)は180ps(機関車出力360ps)は構内入換用としては力不足であり、より大出力の機関車が求められていました。

そのため、DD13ではより強力な機関として新たに開発された縦型8気筒機関のDMF31S(370ps)を2基搭載し(機関車出力740ps)、DD11に比べて飛躍的な出力アップを実現しました。

DD13の車体は、DD11をより大型化したようなスタイルとなり、運転室を中央に配置、前後のボンネット内に機関及び変速機を1基ずつ収めた設計となりました。

DD13の1号機は汽車製造に発注され、1958年3月に公式試運転が実施され、その後量産化が開始されました。

その後、DD13は1961年3月以降に製造された分から機関や外観などの設計変更が実施されましたが、この以前の導入車を前期型、これ以降を後期型として区別されています。

前期型(1号機~110号機)は、外観的には1灯式の大型前照灯やボンネット前面の大型ラジエータグリルなどがその特徴で、84号機までは台車はイコライザ式DT105を履き、1~8号機では台車枠側面にオイルダンパがありました。

塗装は、導入時は茶色の車体に黄色の帯を巻いた巻いたデザインでしたが、1963年以降は国鉄ディーゼル機関車の標準塗装が変更され、朱色4号とグレー(ねずみ1号)のツートンとなりました。

DD13の1号機は、現役時代は品川機関区に配置されていましたが、廃車後は大宮機関区に保存され、現在は旧塗装の姿で鉄道博物館で見ることができます。

f:id:chibatrain:20180610184031j:plain

↑ DD13の前期型の特徴である、1灯式の大型前照灯と大型ラジエータグリル

f:id:chibatrain:20180610184034j:plain

↑ 第2エンド側デッキと下部分の様子。

f:id:chibatrain:20180610184037j:plain

 ↑ 第2エンド側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20180610184040j:plain

 ↑ 第2エンド側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20180610184112j:plain

 ↑ 台車はイコライザ式DT105

f:id:chibatrain:20180610184115j:plain

 ↑ 車体側面中央部、運転室付近の様子。

f:id:chibatrain:20180610184119j:plain

 ↑ 運転室付近の様子。

f:id:chibatrain:20180610184126j:plain

 ↑ 第1エンド側側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20180610184129j:plain

 ↑ 第1エンド側側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20180610184154j:plain

 ↑ 第1エンド側から見た様子

f:id:chibatrain:20180610184200j:plain

↑ 第1エンド側デッキ下部分の様子。

f:id:chibatrain:20180610184203j:plain

 ↑ 鉄道博物館室内で保存されていたときの様子。