CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東京急行電鉄 7700系

f:id:chibatrain:20180714194006j:plain

 ↑ 五反田駅に到着する7700系。

7700系は、1962年に登場し老朽化が著しくなった7000系に対して、1987年から1991年にかけてリニューアル工事が実施され、形式変更されたものです。

車体の骨組みと外板はそのまま残されましたが、分散型の冷房装置を3基搭載することから、車体の横骨や屋根部分に梁が追加されました。

床下部分は全て更新され、主電動機は170kWの三相交流かご形誘導電動機を搭載し、主制御器はGTOサイリスタ素子によるVVVFインバータ制御とされ、モーターの出力が大幅にアップしたことから、編成比は全電動車は1:1(4両編成時)となりました。

その他、ブレーキは回生ブレーキ併用電気指令式ブレーキとなり、運転台はワンハンドルマスコンに交換されました。

台車は8000系等の台車と同系の軸バネ式空気バネ台車に交換されました。

内装は9000系に準じた仕様にリニューアルされ、扉間の座席には中仕切りが2か所ずつ新設されました。

当初は大井町線に配置され、目蒲線に移動してからは4連で運用されていましたが、目蒲線の系統分割によってサハが抜かれ3連化され、ワンマン運転対応に改造されました。

老朽化による廃車は、2010年に本格化し、新7000系や1000系1500番台に置き換えられる形で淘汰されてきましたが、現在残る車両についても新7000系の増備に伴い2018年度11月までに全車引退となりました。

f:id:chibatrain:20180714194009j:plain

↑ 7700系は旧7000系のリニューアルにより形式変更された車両です。

f:id:chibatrain:20180714194012j:plain

↑ 多摩川線で運用中の7700系

f:id:chibatrain:20180714194015j:plain

 ↑ 雪が谷検車区で休む7908F

f:id:chibatrain:20180714194018j:plain

↑ 車体は7000系時代から引き継いでおり、リニューアル時に梁の追加などが実施されています。

f:id:chibatrain:20180714194114j:plain

 ↑ 池上線・多摩川線では3両編成で運用されています。

f:id:chibatrain:20180714194116j:plain

 ↑ 運転台付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180714194119j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20180714194123j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20180714194126j:plain

 ↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20180714194152j:plain

 ↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20180714194155j:plain

 ↑ 車内の様子 その1

f:id:chibatrain:20180714194158j:plain

 ↑ 車内の様子 その2