CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 弘南鉄道 6000系

f:id:chibatrain:20190105163813j:plain

弘南鉄道の6000系は、もと東急6000系で、7000系と同時期の1988年から1989年にかけて東急から弘南鉄道に譲渡されました。

製造は1961年で、東京急行電鉄としては5200系に続くセミステンレス車体が採用され、オールM車・MM’ユニットの採用、1台車1モーター装備、回生ブレーキなどの、当時として新しい技術が盛り込まれました。

弘南鉄道近代化の第1段として、1988年にデハ6005+デハ6006が東急から同鉄道に入線し、翌1989年にデハ6007+デハ6008が入線、大鰐線で2編成4両の体制で運用されました。

弘南鉄道への入線に際しては、ATS装置の撤去や回生ブレーキのカット、弘南用列車無線取り付け、通風器カバー取り付け、ヒーター増設、4連運転用のジャンパ取り付けなどの改造が実施されています。

また、1991年のワンマン運転実施にあたっては、ワンマン化改造も行われています。

鉄道コレクションでは、東急6000系の鉄コレ製品化に伴い、こちらも製品化されました。

製品化されたのは、デハ6007-デハ6008編成で、同じく製品化された東急6000系と比べて、青帯の他にも2つ目となったヘッドライト、スノープローの装着など、異なる部分もしっかり表現されています。

f:id:chibatrain:20190105163815j:plain

↑  デハ6007

f:id:chibatrain:20190105163818j:plain

 ↑ デハ6008

f:id:chibatrain:20190105163821j:plain

 ↑ デハ6007前面の様子。

f:id:chibatrain:20190105163823j:plain

↑ デハ6007側面の様子 その1 

f:id:chibatrain:20190105163907j:plain

 ↑ デハ6007側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190105163910j:plain

 ↑ デハ6007側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20190105163913j:plain

 ↑ デハ6008側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20190105163915j:plain

 ↑ デハ6008側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190105163917j:plain

 ↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20190105163947j:plain

↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20190105163950j:plain

 ↑ クハ6008 運転台付近の様子。