CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 長野電鉄 2000系 A編成リンゴ色

f:id:chibatrain:20200815142632j:plain

長野電鉄 2000系は、当時増加していた観光需要に対応する特急用車両として、1957年3月に登場しました。

車体は名古屋鉄道 5000系を参考に設計され、モノコック構造の 18m級タマゴ型2扉車・室内はセミクロスシート仕様で、クロスシート部分は回転式・2枚の客室扉より車端寄りがロングシートという構成となりました。

編成はモハ+サハ+モハの3両構成で、当初から2編成が投入、 1959年・1964年にはさらに1編成ずつが増備され、それぞれA~Dの編成名が与えられ運用されてきました。

鉄道コレクションでは、長野電鉄2000系はA編成(モハ 2001-サハ2051-モハ2002)が第5段でモデル化されました。

A編成は茶塗装に変更されて晩年は活躍していましたが、2010 年2月に引退しました。

f:id:chibatrain:20200815142637j:plain

↑ モハ2001

f:id:chibatrain:20200815142641j:plain

↑ サハ2051

f:id:chibatrain:20200815142644j:plain

↑ モハ2002

f:id:chibatrain:20200815142648j:plain

↑ モハ2001 前面の様子

f:id:chibatrain:20200815142652j:plain

↑ モハ2001 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200815142655j:plain

↑ モハ2001 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200815142659j:plain

↑ モハ2001 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200815142703j:plain

↑ サハ2051 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200815142706j:plain

↑ サハ2051 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200815142711j:plain

↑ サハ2051 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200815142714j:plain

↑ モハ2002 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200815142718j:plain

↑ モハ2002 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200815142723j:plain

↑ モハ2002 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200815142726j:plain

↑ パンタグラフの様子

f:id:chibatrain:20200815142730j:plain

↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20200815142734j:plain

↑ モハ2002 運転台付近の様子

【鉄道コレクション】京成電鉄

f:id:chibatrain:20200823150702j:plain

京成電鉄は、京成上野-京成成田空港の本線を軸に、東京都から千葉県にかけて7線区( 152.3 km)を所有する大手私鉄です。

船橋・千葉・佐倉・成田などの地元地域のローカル輸送・千葉方面から東京圏内への通勤通学輸送に加え、成田国際空港へのアクセス輸送が鉄道事業の大きな柱で、都営浅草線京浜急行線、北総鉄道千葉ニュータウン鉄道との直通運転により、本線・押上線成田空港線成田スカイアクセス線)にはこれら各会社の多種多様な車両が運用されています。

鉄道コレクションでは、京成の車両が製品化されるようになったのはここ数年のことで、第25弾で製品化された 200形の他、3300形、3500形などを所有しています。

自分は鉄コレは短編成のものを集めているため、3300形・3500形は4両編成、最新の新 3100形も製品化されましたがスルーしました。

コレクションリスト

車両別

f:id:chibatrain:20200726092203j:plain

200形

f:id:chibatrain:20200811121726j:plain

3300形

f:id:chibatrain:20200811101521j:plain

3500形/更新車

【鉄コレ】 いすみ200型 ①

f:id:chibatrain:20200818144829j:plain

いすみ 200型はいすみ鉄道が開業した 1988年3月に導入された車両で、7両が製造されました。

富士重工業で開発された EL-CARⅡ(軽快気動車)で、明知鉄道樽見鉄道甘木鉄道天竜浜名湖鉄道に導入された車両同様、車体構造の小型・簡素化・バス部品の流用によりコストダウンが図られています。

車体は 15m 級普通鋼製で、前面には貫通扉が設置され、側面窓は出入口扉隣が固定窓で、中間5組が上段固定下段横引き窓となり、片側2ヶ所(計4ヶ所)にある乗客用扉は全て折戸式。

機関は EL-CARⅡ標準の UDトラックス PE6H ディーゼルエンジンを搭載、台車は空気バネ式二軸ボギー台車で、片方のみがニ軸駆動の動力台車となりました。

運用では単行運転が基本ですが、朝夕の混雑時を中心に重連運転を行うため、全車総括制御が可能となっています。

車内は、導入当初は車体中央に固定クロスシート4組を配置したセミクロスシートでしたが、朝・夕通勤時混雑緩和のため、1989年から1992にかけてロングシートロングシートに改造されました。

導入当初の形式名は 100型でしたが、ロングシート改造の際に改められました。

車体の塗装は、千葉県花の「菜の花」の黄色をベースに、山と海をイメージした青と緑の帯が巻かれました。

老朽化により 2010年以降廃車が始まり、現在は 206 号の1両が予備車として残っていますが、休車状態で運用されていません。

鉄道コレクションでは第 15弾で 205号が製品化されました。

f:id:chibatrain:20200818144833j:plain

↑ いすみ205

f:id:chibatrain:20200818144836j:plain

↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20200818144840j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200818144844j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200818144849j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200818144855j:plain

↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20200818144858j:plain

↑ 反対側 運転台付近の様子

【鉄コレ】 静岡鉄道A3000形 A3004F

f:id:chibatrain:20200815165903j:plain

静岡鉄道 3000形の A3004F編成( A3004-3504)は、「みかん」をイメージしたプリリアントオレンジイエローのカラーでラッピングされ、「暖かさ・幸福感」を表現しています。

A3003Fと同時に増備され、2018年3月に営業運転を開始しました。

鉄道コレクションでは、オープンパッケージで製品化されました。

f:id:chibatrain:20200815165907j:plain

↑ A3004

f:id:chibatrain:20200815165913j:plain

↑ A3504

f:id:chibatrain:20200815165917j:plain

↑ A3004 前面の様子

f:id:chibatrain:20200815165921j:plain

↑ A3004 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200815165926j:plain

↑ A3004 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200815165930j:plain

↑ A3004 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200815165935j:plain

↑ A3504 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200815165939j:plain

↑ A3504 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200815165943j:plain

↑ A3504 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200815165947j:plain

↑ パンタグラフの様子

f:id:chibatrain:20200815165951j:plain

↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20200815165955j:plain

↑ A3504 運転台付近の様子

【鉄コレ】 京成電鉄3300形 更新車(3312編成)

f:id:chibatrain:20200811121726j:plain

3300形は 1968年から1972年までに 54両が製造されました。

いわゆる「赤電」と呼ばれたグループでは最終の形式で、当初は全電動車の4両編成として製造されました。

3200形の後継車ですが、車体や性能はほぼ同じで、特に外観上から区別するのは車体番号以外では非常に難しい程でした。

登場時は非冷房車で、先頭部に前照灯が2つ付き、貫通扉にある種別表示が種別板でした。

1984年以降単独で冷房化工事が行われ、その後 1989年から 1992年にかけて 3200形に準じた更新工事が実施されました。

更新工事の際、6両編成への組み換えや先頭車の台車振り替えなども行われた他、前面の前照灯・標識灯の位置も変わり、即窓も引っ掛け式のユニット窓に変更されました。

2007年から 2008年にかけて、6両編成車は中間ユニットの一部を廃車しすべて4両編成となりました。

2012年以降は編成単位での廃車が本格化し、2013年2月末のさよなら運転を最後に全車引退となりました。

鉄道コレクションでは、旧塗装(ファイヤーオレンジ)時代の仕様で6両編成と4両編成がそれぞれ製品化されましたが、そのうち4両編成( 3312編成)を所有しています。

f:id:chibatrain:20200811121729j:plain

↑ モハ3309

f:id:chibatrain:20200811121734j:plain

↑ モハ3310

f:id:chibatrain:20200811121738j:plain

↑ モハ3311

f:id:chibatrain:20200811121742j:plain

↑ モハ3312

f:id:chibatrain:20200811121747j:plain

↑ モハ3309 前面の様子

f:id:chibatrain:20200811121751j:plain

↑ モハ3309 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200811121754j:plain

↑ モハ3309 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200811121758j:plain

↑ モハ3309 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200811121802j:plain

↑ モハ3310 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200811121805j:plain

↑ モハ3310 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200811121809j:plain

↑ モハ3310 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200811121813j:plain

↑ モハ3311 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200811121817j:plain

↑ モハ3311 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200811121821j:plain

↑ モハ3311 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200811121825j:plain

↑ モハ3312 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200811121829j:plain

↑ モハ3312 側面の様子 その2 

f:id:chibatrain:20200811121833j:plain

↑ モハ3312 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200811121837j:plain

↑ パンタグラフの様子

f:id:chibatrain:20200811121842j:plain

↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20200811121847j:plain

↑ モハ3312 運転台付近の様子

【鉄道コレクション】 その他 北関東地方私鉄

f:id:chibatrain:20200811183720j:plain

コレクションリスト

わたらせ渓谷鐵道

わたらせ渓谷鐡道は、群馬県桐生市桐生駅から栃木県日光市間藤駅に至る 44.1km の路線を運営する鉄道で、この路線は元国鉄の特定地方交通路線の足尾線を  1989年に引き継いだものです。

全線単線、非電化の路線で、このうち桐生-下新田信号場 1.7km はJR東日本両毛線と施設を共用しています。

その名のとおり渡良瀬川上流の渓谷に沿って走り、特に初夏の新緑と秋の紅葉の風景は絶景とされることから、シーズンにはトロッコ列車なども走っています。

f:id:chibatrain:20200607113247j:plain

わ89-100形①

f:id:chibatrain:20200628104748j:plain

わ89-100形②登場時2両

上毛電気鉄道

 群馬県の前橋中央駅と西桐生駅を結ぶ 25.4km の路線(上毛線)で、全線単線、直流1,500V 電化線です。

中央前橋駅西桐生駅とも繁華街に隣接する場所に立地され、国鉄線とは接続せず、開業当初は孤立していましたが、1932年には東武鉄道桐生線赤城駅まで開業し接続するようになりました。

通常の営業列車用としては、現在は1998年以降に導入された 700型(元京王 3000系)の2両編成に統一されていますが、。その他バラストなどの保線工事用として、デハ100形とホキ1形を保有しており、デハ 100形(デハ101)は群馬県近代化遺産に登録され、イベントの際は実際に臨時列車として本線を走行しています。

f:id:chibatrain:20200705104100j:plain

700形

日立電鉄

日立電鉄は、茨城県常陸太田市の常北太田駅日立市鮎川駅間を結ぶ 18.1kmの電化路線で、沿線に多く立地する工場の通勤や高校の通学輸送などを中心に利用者も多かったのですが、バブル崩壊後の工場閉鎖やモータリゼーションの発達により利用客が大幅に減少し、2005年4月に廃止となりました。

f:id:chibatrain:20180826082947j:plain

モハ2230

f:id:chibatrain:20181014154958j:plain

3024

茨城交通ひたちなか海浜鉄道

 茨城交通は、かつては湊線(勝田駅阿字ヶ浦駅間14.3km)や水浜線(上水戸駅-湊駅間20.5km、1966年廃止)・茨城線(赤塚駅-御前山駅間25.2km、1971年廃止)の3路線を保有していました。水浜線・茨城線廃止後も湊線の運営を近年まで行ってきましたが、輸送人員の減少に伴う赤字経営のため、2008年4月に湊線の経営は第三セクター方式で設立されたひたちなか海浜鉄道に移管され、現在に至っています。

f:id:chibatrain:20180920162752j:plain

茨城交通/キハ201

f:id:chibatrain:20180924081551j:plain

茨城交通/キハ1001

鹿島鉄道

鹿島鉄道は、茨城県石岡市石岡駅鉾田市の鉾田駅を結ぶ26.9kmの非電化路線でした。元は鹿島参宮鉄道によって建設された路線で、1929年に全線開通、その後は常総筑波鉄道を経て1965年に関東鉄道鉾田線となり、1979年には経営分離により鹿島鉄道により運営されていました。

f:id:chibatrain:20180811133620j:plain

キハ430系

鹿島臨海鉄道

鹿島臨海鉄道は、元は鹿島臨海工業地域への原料・生産品を輸送するために敷設された鹿島臨港線を運営するために1969年に設立された鉄道で、1984年に国鉄線として建設されていた鹿島線を引き受け、大洗鹿島線として旅客営業を行うようになりました。かつては鹿島臨港線での旅客輸送を行っていましたが、1983年に廃止になっています。

f:id:chibatrain:20180908133725j:plain

2000形

【鉄道コレクション】関東鉄道

f:id:chibatrain:20200811151021j:plain

関東鉄道は、1965年に常総筑波鉄道と鹿島参宮鉄道の合併により発足した鉄道で、一時期は茨城県下に5路線を展開・運営していましたが、現在は常総線取手駅下館駅間 51.1km)及び竜ヶ崎線佐貫駅竜ヶ崎駅間 4.5km )を運営しています。

全線非電化ですが、常総線取手駅水海道駅間 17.5km の区間は複線で列車の運転本数も多くなっています。

コレクションリスト

車両別

f:id:chibatrain:20180811112435j:plain

キハ410形

f:id:chibatrain:20180915162543j:plain

キハ751形

f:id:chibatrain:20200801202437j:plain

キハ800形

f:id:chibatrain:20200726094440j:plain

キハ310形

f:id:chibatrain:20191109151756j:plain

キハ2100形1次車