CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

TOP画面

東京メトロ半蔵門線用に8000系ですが、有楽町線用の7000系とともに、新型車両への置き換えが決まっています。 あのくたびれた7000系はともかく、非VVVF車とはいえ8000系はまだまだ使用できそうな気もしますが・・・ 最近の東京メトロは…

京成3600形を撮ろう その6

佐倉駅で見かけた、3400形です。 3500形未更新車が引退した後は、この車両の淘汰が進むと思っていましたが、実際には京急線に乗り入れ出来ず使い勝手の良くない3600形の方が先に廃車になるようです。 3400形の走行機器などは、基本的には高…

京成3600形を撮ろう その5

京成津田沼駅から、場所を移動して撮影。 写真は3700形同士の並びですが、ライトのあたりのデザインが少しことなります。 3700形は導入期間が長く、途中でマイナーチェンジが行われ前面のデザインが変更されています。 写真では、手前が初期車・奥が…

京成3600形を撮ろう その4

京成千葉線に乗り入れる新京成の列車です。 新京成電鉄線と京成千葉線の直通運転は全て新京成電鉄側の車両によって行われ、新京成の車両は千葉中央駅まで乗り入れます。 千葉中央駅のホーム長さの関係で、京成千葉線に乗り入れる車両は6両編成までとなって…

京成3600形を撮ろう その3

京成津田沼駅は、京成本線と千葉線・新京成線が接続し、京成・新京成線双方の様々な車両を見ることができます。 写真は京成千葉線にも乗り入れる、新京成のN800形です。 2014年以降順次実施されている新塗装への変更は2017年に完了し、2015…

【鉄コレ】高松琴平電気鉄道 1100形

高松琴平電気鉄道の1100形は元京王5000系で、1997年に2両編成×4本の8両編成が導入されました。 このうち、1101~1104は中間電動車客車のデハ5000からの改造で、他の車両から運転台部分を切り出し接合する改造を受け、パンタグラ…

東京急行電鉄 8500系

↑ 1975年に半蔵門線直通用として導入された8500系 8500系は、営団地下鉄(現:東京メトロ)半蔵門線乗り入れ用として1975年に登場、1991年までに400両が導入され、東急系列の車両としては当時の最大勢力となりました。 当時、すでに…

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ701

デハ700形の701・702は、元は1928年に製造された近江鉄道の電動貨車デユワ101・102です。 1941年に旅客用の半鋼製電車に改造され、同鉄道のモハ51・52に変わりました。 もともと両運転台車だったのですが、1961年に片運転台…

京成3600形を撮ろう その2

普通列車で運用中の3500形です。 3500形は、4両編成が基本ですが、全車両電動車で、M2車-M1'車の2両で1ユニットを構成し、これを背中合わせで繋いだ形で編成が組まれています。 厳密には、M2車は運転台寄りの台車に主電動機を構成しない「0.5M車…

京成3600形を撮ろう その1

この日は地元の京成電鉄で活動です。 既に廃車の始まっている3600形を今のうちに撮っておくのがこの日の目的です。 まずは幕張から京成に入り、京成津田沼駅で他の車両を撮りながら3600形がやってくるのを待つことにしました。 写真は、津田沼駅構内…

京急800形を撮ろう その7

2002年からマイナーチェンジを繰り返しながらも増備を続ける1000形ですか、写真は2015年度に導入された15次車の6両編成です。 1000形の6両編成は、800形の置き換え用として2011年度より導入が開始され、車両番号は「1300番台…

京急800形を撮ろう その6

京急蒲田駅以南の某駅で撮った都営5300形です。 詳しくはわかりませんが、都営や京成などとの直通列車は羽田空港乗り入れが中心なので、京急蒲田駅以南で5300形を見かける機会はそれほど多くありません。 また、これを撮影したのは今年2月上旬です…

【鉄コレ】 小田急電鉄 4000形(初代)

小田急電鉄4000形(初代)は1966年に登場、3両固定編成×22本が増備されました。 旧形式の主電動機を流用し、車体や制御機器は新製されましたが、当初は非冷房・吊り掛け駆動となりました。 1974年から1976年にかけて中間車を増備、一部を…

小田急電鉄

小田急電鉄は新宿駅ー小田原間の小田原線(82.5km)を中心に、相模大野駅-片瀬江。ノ島駅間の江ノ島線(27.6km)・新百合丘駅-唐木田駅間の多摩線(10.6km)の計3路線を運営しています。 東京から箱根・小田原方面への観光輸送及び都心への通勤・通…

京急800形を撮ろう その5

京急600形による「KEYKYU BLUE SKY TRAIN」です。 単なる特別塗装かと思っていましたが、 2005年3月の運行開始から現在まで、もう14年続いています。 同年6月以降は2100形も加わり、「青い京急」2編成が走っていますが、特に600形は都営…

京急800形を撮ろう その4

ホームで待機中に撮影した1500形です。 1500形は、800形の次の世代として増備された車両ですが、800形が京急線内の普通列車などでの運用を前提に導入されたのに対して、1500形は地下鉄直通を考慮して設計されました。 800形は片開き扉…

京急800形を撮ろう その3

この日、800形のリバイバル塗装823編成も走っていました。 823編成は、2016年11月以降デビュー当時のリバイバル塗装で出場し、注目を集めました。 800形は、このデビュー当時の塗装の方が車体のデザインにマッチしているし、似合っている…

京急800形を撮ろう その2

京急800形の運転席の様子です。 800形は、普通列車や京急川崎駅以南の急行などで運用すること基本に設計されました。 地下鉄に直通することを考慮していない為、前面は非貫通形となり、前面窓は非常に大きく視界も良さそうです。 マスコンは右手操作式…

京急800形を撮ろう その1

2月上旬ですが、引退が近い京急800形を撮ろうと、京急を訪問しました。 具体的な運用に関する情報は持っていませんでしたが、とりあえず品川駅に向かいました。 品川駅に着いたところ、偶然にもお目当ての800形826編成が上りホームに停車していま…

【鉄道コレクション】東北地方ローカル私鉄

東北地方のローカル私鉄の車両はそれなりに多く所有していて、なかなか一度に紹介できないのですが、すこしずつ掲載を追加しています。 津軽鉄道 青森県の津軽五所川原駅と津軽中里駅を結ぶ20.7kmの路線を運営する私鉄で、冬季に運転される「ストーブ…

【鉄コレ】 小田急電鉄 1800形

小田急デハ1800形は、元は戦後の輸送力が不足した時代に国鉄から譲渡された車両など22両で、1957年から1958年にかけて国鉄72系の全金化改造工事と同様の手法で更新工事を受けました。 更新後は、前面は切妻のままながら小田急スタイル、側面…

【鉄コレ】 小田急電鉄 1600形

小田急1600形は、戦時下の1942年から1948年にかけて製造された車両で、各部寸法や主電動機などはデハ1400形に準じましたが、戦時輸送体制化での乗客急増によるラッシュ対策として、3扉化されました。 デハ1600形とクハ1650形(戦後…

小田急電鉄 3000形

↑ 3000形は、従来の小田急通勤形車両とは異なるスタイル・コンセプトで2002年に登場しました。 3000形は、老朽化した在来車の代替用として2002年に登場しました。 車両構造の大幅な見直しによる一層のコスト削減と環境負荷の低減をコンセプ…

小田急電鉄 50000形

↑ 50000形は小田急ロマンスカーのフラグシップモデルとして2005年に登場しました。 50000形は、10000形の置き換え用として2005年に3月に2編成が導入されました。 小田急電鉄のフラグシップモデルとして位置づけられ、箱根への観光…

小田急電鉄 8000形

↑ 8000形は、汎用性の高い通勤形として1982年に登場しました。 8000形は、1969年から導入が続けられていた5000形の後継となる車両で、輸送力増強と通勤車両の大型化のため、1982年から1987年までの間に6両編成と6両編成がそれ…

小田急電鉄 60000形

↑ 地下鉄乗り入れ用座席指定特急形電車として導入されて60000形 60000形は、日本初の地下鉄乗り入れ用座席指定特急形電車で、2008年3月にデビューしました。 30000形を基本に、50000形のデザインを採用したボギー構造のロマンスカ…

【鉄コレ】 伊予鉄道 700系

伊予鉄道700系は、同社の鉄道線用の車両で、1987年から1994年にかけて京王帝都電鉄5000を京王重機整備で改造の上購入したものです。 3両編成8本(24本)と2編成2本(4両)の計28両が在籍し、同鉄道の鉄道線用電車の過半数を占める主…

銚子電鉄 1000形 銀座線塗装

↑ 晩年「銀座線塗装」で運行されていた銚子電鉄デハ1001 銚子電鉄デハ1001は、2012年8月からかつて運行されていた営団地下鉄(現:東京メトロ)銀座線のカラー(山吹色)に変更され、2016年2月の引退までこのリバイバル塗装で運用されてい…

京成~北総鉄道 その12

成田空港行きのアクセス特急で運用される京急600形です。 北総線内では、京急の車両は600形と1000形をよく見かけます。 地下鉄乗り入れ対応の全クロスシート車として登場した600形は、残念ながら現在は扉間がロングシートになってしまいました…

京成~北総鉄道 その11

成田空港線を颯爽と走るスカイライナーです。 もうすぐ9年目を迎えるスカイライナーですが、利用状況はすこぶる好調で、2019年度中にAE車を1編成増備する予定で、来年のオリンピックも控える中、北総線を走るスカイライナーやアクセス特急などは、今…