CHIBA TRAIN NET

This blog is a record of my hobby of railroads and model trains.

02:New Article

鉄コレ/京福・伊豆箱根パンタグラフ交換

毎度お馴染み、鉄コレのパンタグラフ交換です。 今回は、京福電鉄のホデハ261と、伊豆箱根鉄道の3000形です。 まずは、京福電気鉄道のホデハ261です。 地味なローカル私鉄の電車で、Nゲージの製品化があまり期待できる車両ではありませんでしたが、鉄道コレ…

【鉄コレ】 長野電鉄モハ1003

長野電鉄モハ1003は、1948年から製造された運輸省規格の17m級2扉車で、翌1949年までに1001〜1006が製造されました。 1954年にモハ1001・モハ1003がクハ1050形になり、その分番号が詰められた為、モハ1005がモハ1003になりました。 モハ1003は、晩年は屋代線…

残念ながら、久留里線末端区間の廃止/バス転換が現実味を帯びてきました。

↑ 2012年2月にキハ30が上総亀山駅に到着したときの写真(イベント列車) JR東日本が久留里線末端区間(久留里~上総亀山間)について、3月9日(木)にバスなど他の交通手段への転換協議を自治体に申し入れたとの報道がありました。 コロナ禍以降で本格的な地…

【鉄コレ】静岡鉄道A3000形 A3001F

3000形は老朽化した 1000形の置き換え用として導入された車両で、形式の前に「新たな活性化」などの意味を込めた「A」が加えられました。 車体は J-TREC 製の最新技術「sustina」による軽量ステンレス車体を採用した18m級3扉で、先頭部のみ鋼製となっていま…

KATO485系・EF80+旧客の試運転

先日購入したKATO485系と、マグネティックナックルカプラーに換装したEF80+旧型客車の編成を、レイアウト上で試運転しました。 最近なかなかレイアウト製作や車両を走らせる時間が作れず、久々のNゲージ運転となりました。 485系初期型ボンネットタイプで…

【鉄コレ】アルピコ交通 3000形

3000形は、元京王電鉄井の頭線用の3000系で、1999年から2000年にかけて2両編成4本(8両)が導入されました。 8両すべてが中間車からの改造車で2両編成中1両は電動車の1M方式。 制御方式は界磁チョッパ制御ですが、変電所容量の都合から回生制御機能は使用さ…

【鉄コレ】 伊豆急行100系①/高運転台車

伊豆急行100系は、1961年の伊豆急行線開業に合わせて導入された車両で、基本形式として1972年までに53両が製造され、2002年まで活躍していました。 伊豆急行線は、開業時から多くの列車が伊東線を経由して東海道本線と直通運転を行ったことから、グリーン車…

鉄コレ/富士急・アルピコパンタグラフ交換

最近、また仕事やその他もろもろが忙しくなり鉄道模型を弄れるまとまった時間が取れず、レイアウト製作も作業が2ヶ月ぐらい凍結しています。 コロナ以降、自分の鉄道趣味は撮り鉄から模型鉄に変わっていますが、少しでもこれらに没頭する時間がないと、鉄分…

【鉄コレ】京福電気鉄道 モハ3001形

元は南海電気鉄道の11001系で、 架線電圧昇圧で余剰となったものを京福電鉄が譲り受け、1973年から1974年にかけて2両編成8本(及び部品取り用で1両)が導入されました。 制御方式は抵抗制御で駆動装置は中空軸カルダン駆動方式を採用、 1M方式の為主要機…

【鉄コレ】長野電鉄 10系新OSカー

長野電鉄10系は、半鋼製車の置き換えと長野-善光寺下間の地下鉄化に伴うA-A基準車の増備用として、1980年に2両編成1本のみが導入されました。 先代の0系(OSカー)から設計が変更された部分も多く、これと区別するために新OSカーとも呼ばれました。 前面の…

鉄コレ/京福・伊豆急パンタグラフ交換

毎度お馴染み、鉄コレのパンタグラフ交換です。 鉄コレはNゲージ化してレイアウトを走らせるのも良いのですが、基本的にはディスプレイモデルなので、たまに箱から取り出してパーツを交換しながらこうして鑑賞するのも楽しみ方の一つです。 今回は第18弾に入…

Nゲージ 485系初期型

国鉄の交直流両用としての特急形電車は、1964年の交流60Hz対応の481系・1965年の交流50Hz対応の483系を経て、1968年に交流60Hz・50Hzの両方に対応した485系が登場し、本系列の統一形式名となりました。 485系では電動車ユニットが国鉄在来線すべての電化方式…

【鉄コレ】遠州鉄道 キハ802

遠州鉄道キハ800形は、電化区間である同鉄道から非電化区間である国鉄二俣線(現:天竜浜名湖鉄道)西鹿島-遠江森(現:遠州森)間へ乗り入れ、直通運転を行うため、1958年に国鉄からキハ04の払い下げを受けたものです。 当初は、キハ04-6、キハ04-8の2両…

【鉄コレ】大井川鉄道 クハ512/モハ312

大井川鉄道のクハ512/モハ312は、ともに元西武鉄道の351系で西武鉄道から大井川鉄道へ1977年に譲渡された4両のうちの2両です。 (クハ512は元クモハ364、モハ312は元クモハ366で、1956年に西武所沢工場で製造されました。) 大井川鉄道入線の際には2扉車に…

KATOスハ43系/マグネティックナックルカプラー換装

先日のEF80に続き、昨年8月に導入したスハ43系客車5両編成の両端(機関車連結面)のカプラーをアーノルドからKATOマグネティックナックルに換装しました。 上の写真は今回の作業が終了した後の様子です。 自分が柏に住んでいた子供の頃、まだ常磐線では1…

【鉄コレ】富士急行 1000形①

富士急1000形は、元京王帝都電鉄旧5000系で1993年に5700形の置き換え用として登場しました。 種車は基本的に1M方式の京王5100系カルダン駆動車ですが、最後の1編成(1208編成)は5000系の制御車を電装化しています。 座席は京王時代のロングシートをそのまま…

【鉄コレ】 富山地方鉄道 14760形①

14760形は同鉄道初の冷房車として1979年に登場、日本車輌製造製で1981年までの3年間に2両編成×7本(14両)が製造されました。 車体設計は1964年に製造した10020形のレイアウトに準じ、車体長は18m級となりました。 前面は2枚窓ですが、上部に後退角が付けら…

【鉄コレ】北陸鉄道 03系

北陸鉄道03系は、元東京メトロ03系で浅野川線で運用されている8000系の老朽化に伴う置き換え用として導入されました。 2020年より順次導入され、1編成目の導入車は2020年12月より運用を開始しました。 目下導入中で、最終的には2024年までに2両編成5本(10…

【Nゲージ】オハ61系(記事更新しました)

太平洋戦争後の1947年に八高線で客車列車の脱線転覆事故が発生し、その際に使用されていた木造客車の車体強度が問題になり、1949年以降既存の木造客車から鋼製客車への改造が開始されました。 木造客車からは台枠・台車・自動連結器・自動空気ブレーキ機器な…

ゆうづる駅1番ホーム背後地の地盤工事他

前回からゆうづる駅構内の製作が本格化しました。 今回はその続きで、1番線ホーム背後地の地盤工事と1・2番線の間のバラスト散布に向けた準備工事を進めます。 上の写真は、今回の作業終了後、1番線ホームに入線したキハ30の単行列車を撮ったものです。 …

【Nゲージ】14系サロンエクスプレス東京

「サロンエクスプレス東京」は、1981年に当時の国鉄が導入した団体列車専用車両で、従来の和式(お座敷)客車に対して欧風客車と呼ばれました。 いずれの車両も14系客車からの改造で、車両の両端はスロフ14形700番台、中間車スロ14形700番台とされました。 …

【鉄コレ】北陸鉄道 8000系②/アイボリーホワイト

北陸鉄道8000系の8802編成は2022年9月の運行終了となりましたが、その前に譲渡前のアイボリーホワイト色に変更され運行されました。 8802編成は一般色の仕様で既に第21弾で製品化されていますが、このアイボリーの姿でオープンパッケージであらためて製品化…

【Nゲージ】583系

583系は、1968年に登場した3電源対応(直流1,500V/交流50・60Hz20kV)特急形寝台電車で、国鉄時代には東北・九州・北陸などの主要幹線で昼夜を問わず活躍、その詳細はいまさら説明不要かと思います。 自分が子供の頃は柏に住んでいたこともあり、寝台特急「…

鉄道柵の設置・ゆうづる駅1番線ホームの設置他

前回までの作業は、ゆうづる駅前の側面(線路側)の製作を行ってきました。 今回はここの鉄道柵を設置し、更に駅構内の製作も進めます。 写真は今回の作業後(鉄道柵の敷設後)にDD13が入線したところです。 今回の作業開始前の駅前の様子です。 鉄道柵はす…

【Nゲージ】EF57

EF57は、当時の鉄道省が東海道本線での優等列車のけん引を目的として導入した旅客用電気機関車で、1940年から1943年の間に17両が製造されました。 外観は2C+C2配置の大枠に箱型の車体を載せ、両端にはデッキを備えた当時の電気機関車のスタイルと踏襲してい…

ゆうづる駅前線路脇の製作他

ここしばらくはゆうづる駅前の製作を進めていますが、今回もその続きになります。 上の写真は、駅構内の渡り板を固定した後、ED61が試運転を行っている様子です。 前回までの作業ではゆうづる駅舎前のアルファルト部分の製作が作られました。 写真ではその左…

【鉄コレ】北陸鉄道 6000系

北陸鉄道6000系は、山中温泉への行楽客を対象とするクロスシート車として、1962年に山中線に導入されました。 日本車輛製造で2両編成1本のみが製造され、主に山中-大聖寺間で山中線の看板列車として運用されていました。 車種構成は、クモハ6001(制御電動…

【鉄コレ】京福電気鉄道 モハ1003

京福電鉄のモハ1001形は1949年に製造された日本車輌製の自社発注車で、3両が導入され福井支社で運用されていました。 当初の形式名はホデハ1001形とされていました。 私鉄郊外電車設計要領に準じた仕様となり、車体は名古屋鉄道3800系に類似していますが、3…

ゆうづる駅前のアスファルト舗装他

前回に続き、ゆうづる駅前の製作を行います。 上の写真は、今回の作業完了後、ゆうづる駅の駐車場とその奥の勾配区間を7200形が通過するところを撮ったものです。 上の写真はゆうづる駅構内に至る最初の電動ポイント部分です。 当レイアウトでは、ボンド水溶…

鉄道柵の塗装他

前回の作業では、踏切付近とその反対側(ゆうづる支線側)の線路柵の仮設置までを行いました。 今回は鉄道柵の塗装とその周辺の製作を進めます。 上の写真は今回の作業が完了した後、ゆうづる支線側に入線する7200形を撮ったものです。 今回の作業前の様子で…