CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

10-06:205系

205系 1200番台 南武線向け

↑ 南武線にも中間車から改造された先頭車も運用されていました。 2002年以降、11両編成で運用されていた山手線用 205系を各路線に転属させる際に、不足する先頭車を補充するために、中間車の先頭車改造が多く実施され、その一部が南武線にも配属されました。…

205系 京葉線(転入車)

↑ 京葉線にも、山手線等からの転入車が在籍していました。 2002年以降山手線への E231系500番台投入と捻出された 205系の他路線への纏足が大規模に行われましたが、京葉線でもこの流れを受けて、中央・総武緩行線 E231系投入で余剰となった車両を含め、2002…

205系

↑ 山手線で運用されていた頃の205系 205系は1985年に国鉄が山手線に導入した通勤型電車で、その後 209系などが登場するまでの間、国鉄~JRの標準型として1,373 両が製造されました。 当時、すでに通勤型として増備されていた 201系は運転コストは低減さ…

205系 京葉線 (新製投入車)

↑ 1990年に京葉線に新製投入された205系は、前面デザインなどが従来車から変更されました。 京葉線用の 205系は、快速電車用として12編成120両が新製投入され、東京駅全線開業となる 1990年3月より運用を開始しました。 このとき増備された車両では、前…

205系 武蔵野線/オリジナル

武蔵野線用の 205系は、1991年に輸送力増強用として8両編成が5本新製投入されましたが、このグループが205系0番台車で新製された最後のグループとなりました。 前面は京葉線同様のデザインが踏襲され FRP成形品で覆われましたが、この部分の塗装は京葉線…

205系 武蔵野線/転入車

↑ 山手線などから転入した205系は制御方式がVVVFインバータ制御方式に変更されました。 武蔵野線には、従来より新製投入された 205系5本が運用されていましたが、2002年以降、山手線 E231系500番台導入などで捻出された 205系が転用され、老朽化して…

205系 埼京線・川越線

↑ 埼京線では1989年から2016年の間、205系が運用されていました。 埼京線への 205系の投入は 1989年から開始され、翌1990年までに10両編成 23本が新製投入されました。 編成は6M4Tの 10両固定で、外装・内装とも他路線を走る 205系と同様です…

205系 南武線

↑ 南武線では、1989年から 2015年までの間、205系が運用されていました。 南武線への 205系の投入は 1989 年が最初で、輸送力増強用と 101系などの老朽車置き換え用として 1990 年までに6両編成16本が新製投入されました。 南武線用の205系には黄・橙…

205系 横浜線

↑ 横浜線では、205系は 1988年 から 2014年 までの間運用されていました。 横浜線用の 205系は、1988年9月から1989年2月までの間に7両編成25本を集中投入し、約半年間で同線の 205系化が図られました。 さらに1994年には混雑緩和対策として、山手線に…

205系 3000番台 八高線・川越線

↑ 八高・川越線で運用される205系3000番台。 八高線・川越線の 205系は、山手線への E231系500番台投入により捻出・転用されたもので、2003年から2005年にかけて4両編成5本(20両)が導入され、既存の 103系3000番台車を置き換えました。 先頭車は…

205系600番台 日光線

↑ 205系600番台は、元京葉線用0番台車の改造車です。 205系600番台は、元京葉線で運用されていた0番台車からの改造車で、2013年より日光線・宇都宮線ローカル地区用として導入されました。 編成は2M2Tの4両編成とされ、客室は腰掛下のヒータを…

205系600番台 宇都宮線

↑ 宇都宮線宇都宮以北で運用される205系600番台。 宇都宮線用 205系600番台は、小山車両センターに4両編成12本が(48両)が配置され、そのうち E231系近郊タイプ等と同様の湘南色カラーの帯でラッピングされた8本( 32両 )が宇都宮線の宇都宮(一部…

205系3100番台 仙石線

↑ 東北地方ながら直流電化となる石巻線では。2002年以降205系が運用されています。 仙石線用の 205系は、老朽化した 103系を置き換える為に 2002年から2004年にかけて、2M2Tの4両編成19本(76両)が導入されました。 全車、山手線または埼京線からの…