CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

11-34:静岡鉄道

静岡鉄道 A3000形 第4編成(プリリアントオレンジイエロー)

↑ 第4編成は、2018年3月から営業運転開始しました。 A3000形第4編成(A3004-A3504編成)は、第3編成とともに2018年1月に導入、同月21日の一般公開を経て、2018年3月から営業運転を開始しました。 車体のカラーリングは、みかんをモチーフとした「プリ…

静岡鉄道 A3000形 第3編成(ナチュラルグリーン)

↑ 2017年に第4編成とともに導入された第3編成。 A3000形第3編成(A3003-A3503編成)は、第4編成とともに2018年1月に導入、同月21日の一般公開を経て、2018年3月から営業運転を開始しました。 車体のカラーリングは、お茶をモチーフとした「ナチュラル…

静岡鉄道 A3000形 第2編成(パッションレッド)

↑ 第2編成は2017年3月から営業運転を開始しました。 A3000形第2編成(A3002-A3502編成)は、2017年1月に導入、一般公開を経て、第1編成がデビューした1年後の2017年3月から営業運転を開始しました。 車体のカラーリングは、いちごをモチーフとした「…

静岡鉄道 A3000形 第1編成(クリアブルー)

↑ 「クリアブルー」となった第1編成。 A3000形第1編成(A3001-A3501編成)は、2016年3月に営業運転を開始しました。 静岡鉄道にとっては43年ぶりの新型車両となったため、デビュー当初は各方面から注目を集めました。 車体のカラーリングは、富士山をモ…

静岡鉄道

静岡鉄道は、2013年8月に初めて訪問しましたが、小規模で運用されている車両は古かったのですが、全線複線で平日の昼間でも大手私鉄並みの高頻度運転を行うなど、サービスレベルは非常に高く、他の地方ローカル私鉄とは明らかに性格が異なります。 2016年以…

静岡鉄道 A3000形

↑ 老朽化した 1000形の置き換え用として登場したA3000形。 概要 A3000形は、老朽化した 1000形の置き換え用として導入された車両で、2016年3月に第1編成が営業運転を開始しました。 形式の前には、「Activate(活性化させる)」「Amuse(楽しま…

静岡鉄道 1000形 ①

↑ 2016年度以降、A3000形への置き換えと淘汰が開始された1000形。 静岡鉄道1000形は、それまで運用されていた旧型車の置き換え用として、1973年に登場した車両で、1985年までに2両編成12本が製造されました。東急車両製造製で、…

静岡鉄道 1000系 ②

↑ アニメ「ちびまる子ちゃん」とのコラボ。(2017年8月撮影) 静岡鉄道には2013年8月と2017年8月に訪問しましたが、多くの車両は広告車となり、各編成それぞれ異なる色とデザインでラッピングされていたため、列車を撮っていて飽きることがあ…

静岡鉄道 デワ1形

↑ 現在も長沼工場で保存されている、電動貨車のデワ1です。 デワ1形は静岡鉄道の前身である静岡電気鉄道で使用されていた有蓋電動貨車で、1926年に日本車輛製造で製造、当時はデ10形とされていました。 全長7,722mm、全幅1,917mm、全…