CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

11-35:銚子電鉄

銚子電鉄 デハ700形

↑ デハ700形は元は近江鉄道のモハ51・52で、1978年に銚子電鉄に譲渡されました。 デハ 700 形の 701・702 は、元は 1928年に製造された近江鉄道の電動貨車デユワ101・102 です。 1941 年に旅客用の半鋼製電車に改造され、同鉄道のモハ 51・52 に変わ…

銚子電鉄 デハ800形

↑ パンタグラフを上げているデハ800を撮ることはできたのはこの日のみでした。(引退後に何故か車庫で通電試験をしていた:2011年12月撮影) デハ800形 801は、輸送力増強を目的として 1985年に伊予鉄道から購入された 16m級車で、翌 1986年2月から運用…

銚子電鉄 デハ 3000

↑ 2016年3月から銚子電鉄で運用を開始した3000系。 銚子電鉄 3000形は、元京王 5100系で伊予鉄道 700系として運用されていたうち2両を銚子電鉄が譲渡され、2016年3月より運行を開始しました。 京王電鉄 5100系は、1963年に登場した 旧 5000系の増…

銚子電気鉄道

銚子電鉄を最初に訪問したのは 2006年の8月で、以降1~2年に1度程度は訪問しています。 当初は、まだデハ1001などの16m級の電車が単行で運行されていましたが、当時の車両はすべて引退し、現在は伊予鉄道から譲渡された元京王電鉄の2両編成で運…

銚子電鉄 デハ1000形 旧塗装

↑ 笠上黒生駅に到着する旧塗装のデハ1002 銚子電鉄の塗装は過去に何度も変更されていますので、どの塗装を「旧塗装」と呼ぶのか分かりませんが、自分が最初に訪問した2006年頃は、デハ800形やデハ700形を含め、全てこの黒(厳密には黒ではなく濃い…

銚子電鉄 1000形 銀座線塗装

↑ 晩年「銀座線塗装」で運行されていた銚子電鉄デハ1001 銚子電鉄デハ1001は、2012年8月からかつて運行されていた営団地下鉄(現:東京メトロ)銀座線のカラー(山吹色)に変更され、2016年2月の引退までこのリバイバル塗装で運用されてい…

銚子電鉄 デハ1000形

↑ 笠上黒生で列車交換を待つ、旧塗装時代のデハ1000形です。 概要 デハ1000形は、1994年に帝都高速度交通営団(現在東京メトロ)2000形を譲りうけた車両で、銚子電鉄初の全鋼製カルダン駆動車です。元の営団2000形は、1959年から1…

銚子電鉄 デハ1000形 桃太郎電鉄

↑ デハ1001は、2007年より5年「桃太郎電鉄」として運行されました。 デハ1001は、ゲームを製作するハドソンからの支援を受け、2007年4月26日から人気ゲーム「桃太郎電鉄」のキャラクターを採用したラッピング車両となり、運行を開始しま…

銚子電鉄 デハ1000形 鉄子塗装

↑ 2007年より4年間「鉄子」塗装運用されたデハ1001。 デハ1002は、小学館の支援を受け、漫画「鉄子の旅」で考案された特別塗装に変更され、2007年12月24日から2011年9月まで運行されました。この塗装では、車体上部・前照灯カバー…

銚子電鉄 1000形 丸の内塗装

↑ 2011年11月から引退まで丸ノ内塗装で運用されていたデハ1002。 デハ1002は、かつて使用されていた営団地下鉄丸ノ内線の塗装(赤色をベースに白のラインの入った色)に変更され、2011年11月26日より運行を開始しました。 同車両は、…