CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

15-03:私鉄電車_東武鉄道①

東武鉄道

東武鉄道は、伊勢崎線・日光線・東上線を中心に東京・千葉・埼玉・群馬・栃木と北関東に営業路線を展開する関東最大の大手私鉄で、総営業キロ数(463.3km)はJRを除く日本の鉄道の中では第2位となっています。(2010年現在) 現在、日比谷線直…

東武鉄道 200系

↑ 500系リバティの登場で、今後の動向が気になる200系。 200系は、「りょうもう号」用として1991年に登場した特急形電車で、6両固定の201~209の9編成が在籍しています。 車体は全鋼製で新製されましたが、足回りは廃車となった170…

東武鉄道 500系 リバティ

↑ 500系は「リバティ」の愛称で運行を開始しました。 東武鉄道500系「リバディ」は、「さまざまな運行形態で運用可能な速達性と快適性を持った特急列車」をコンセプトとして、2017年4月21日のダイヤ改正より運行を開始しました。 編成は3両固…

東武鉄道 6050系

↑ 会津鉄道に乗り入れる6050系2両編成。 6050系は、6000系の車体更新によって、1985年10月から1986年10月のまでの間に2両編成×22本の計44両が登場しました。また、その後完全新造車として7編成14両が増備されました。 外観…

東武鉄道 634形

↑ 東武鉄道634形は、「スカイツリートレイン」用として2012年に登場しました。 東武鉄道634形は、スカイツリーなどの東武沿線観光用として導入された車両で、快速用6050系の2両編成2本がリニューアル改造されました。 車体の前位側のデッキ…

東武鉄道 10000系

↑ 8000系の後継として1983年に登場した1000系 10000系は、20年にわたって製造された8000系に続く通勤型電車として1983年に登場しました。 ステンレスカーとしては、東武鉄道としては9000系に次ぐ第2番目の車両です。車体は…

東武鉄道 10030系①

↑ 伊勢崎線・東上本線ともによく見かける、一般車の主力の10030系 10030系は、10000系のマイナーチェンジ版として1988年3月に登場、最初は伊勢崎・日光線に配備され、翌1989年には東上線にも投入されました。 制御装置や主電動機は…

東武鉄道 20000型

↑ 新型車両70000系への置き換えが進行中の20000型。 20000型は、非冷房車で老朽化していた営団地下鉄(現:東京メトロ)日比谷線直通用2000系の置き換え用として登場、1988年から1992年までに両先頭車をT車とした6M2Tの8両…

東武鉄道 20050型

↑ 20000系シリーズの5扉仕様車となった20500型 20050型は、20000型のマイナーチェンジ車として1992年に登場、8両編成8本(64両)が増備されました。 車体は20000型同様の18m級オールステンレス製軽量車体ですが、乗り…

東武鉄道 20070系

↑ 20000系・20050系の増備車である20070系は、3扉車として登場しました。 20070系は、ラッシュ時の運転本数拡大によって不足する日比谷線直通車を補うために1996年に新造された通勤形電車で、20000系と同じく全車3扉として登…

東武鉄道 30000系

↑ 東上線用として10両固定編成で運用される30000系。 30000系は、半蔵門線・田園都市線乗り入れ対応車として、1997年から2003年にかけて3M3Tの6両編成と2M2Tの4両編成各15本の計150両が製造されました。 車体は20m級…

東武鉄道 50050系

↑ 東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線直通用として導入された50050系 50050系は、伊勢崎線・日光線向けの輸送力増強用・老朽車取り換え用として、2006年に登場しました。 当時、すでに東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線との直通運転が開始…

東武鉄道 50070系

↑ 50070系は50000系ベースの有楽町線・副都心線乗り入れ対応車です。 東武鉄道50070系は、50000系ベースの東京メトロ有楽町線・副都心線への乗り入れ対応仕様車で、2006年から2011年にかけて10両編成7本が増備されました。 …