CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

21-10:鉄コレ_東北私鉄

【鉄コレ】秋田中央交通軌道線 デワ3002+ナハフ20

秋田中央交通軌道線では、1950年の電化の際に南海に払い下げられていた元国鉄のED40を購入しましたが、出力が大きすぎて変電所が電力不足となる他、重量も重たかったため使用できず、1952年に東急から電動貨車のデワ3001・3002を譲り受け使用されました。 そ…

【鉄コレ】庄内交通 モハ8

庄内交通モハ8は、元京王帝都電鉄デハ2405で、1940年日本車輛製造で制御車として製造されました。 1942年に電装化と両運転台車化が実施され、1944年に京王軌道が東京急行電鉄(大東急)に併合された際にデハ2400形2405となりました。 1963年の架線1,500V昇…

【鉄コレ】栗原電鉄 M15

栗原電鉄M15は、1955年に同鉄道が改軌した際に導入された電車で、M151~M153の3両がナニワ工機で製造され、1995年の電化廃止となるまで活躍していました。 車体は15m級の両運転台車で、シル・ヘッダーのないデザイン、前面は2枚窓の湘南顔、側面の窓は上段…

【鉄コレ】阿武隈急行 8100系

阿武隈急行8100系は、1988年の全線電化開業に合わせて導入された車両で、日本車輌製造で2両編成9本(18両)増備されました。 阿武隈急行線がJR東北本線への直通運転を考慮し 20,000V/50HZ の交流電化されたことから、8100系は1983年にJR九州で導入された 7…

【鉄コレ】福島交通 1000系

福島交通1000形は老朽化した7000系の置き換え用として導入された形式で、2017年に営業運転を開始しました。 元東急1000系の中間電動車を改造した車両で、2018年までに2両編成4本、3両編成2本が導入されました。 先頭車には非貫通の運転台が新設され、台…

【鉄コレ】会津鉄道 キハ8500形

会津鉄道キハ8500形は、元名古屋鉄道のキハ8500系で、特急「北アルプス」用として1990年に製造されました。 名鉄神宮前駅からJR高山本線高山までを乗り入れていましたが、特急「北アルプス」廃止後、2001年12月に会津鉄道に譲渡されました。会津鉄道では、…

【鉄コレ】 会津鉄道6050系200番台

会津鉄道6050系は東武鉄道・野岩鉄道の6050系完全新製車と同一設計の車両で、1990年の会津田島電化開業の際に1編成のみが製造されました。 東武鉄道の基本番台、野岩鉄道の100番台に対して、この1編成には200番台として区分されました。 1990年当初、民間…

【鉄コレ】由利高原鉄道 YR-2000形

由利高原鉄道の YR-2000 形は、従来車の増備車として導入された NDC の軽快気動車で、2000年と 2003v年にぞれぞれ1両、計2両が製造されました。 従来車の 15m 級車体に対して、TR-2000形 では 18m 車体となりました。 トイレと冷房が装備され、エンジンは …

【鉄コレ】 三陸鉄道 36-500形

キハ36-500 形は、三陸鉄道が導入した新潟鉄工所の「NDCシリーズ」の車両で、1994 年2月22 日の南リアス線甫嶺駅付近で起きた強風による列車脱線事故に2両が廃車となり、予備車が不足してしまったため、同年 12月に製造されました。 全長は既存車と同じ…

【鉄コレ】 青い森鉄道 青い森701系

青い森鉄道 701系は、2002年12月の同鉄道開業時より運用されている車両で、JR東日本から譲渡された 元 701系 1000番台車2両編成8本の他、新製された2両編成1本が在籍し、譲渡車を基本番台車・新製車を 100番台車として区別しています。 新製車は 701系 1…

【鉄コレ】津軽鉄道 津軽21形

津軽21形は、津軽鉄道が 66周年の際に登場したNDC の軽快気動車です。 1996 年に2両が導入され、その後 2000 年に3両が増備されて現在が全部で5両が在籍しています。 18m級車体で、エンジンは DMF13HZ (330ps)を1基搭載しています。 雪国仕様のために…

【鉄コレ】秋田内陸縦貫鉄道 AN8800形

秋田内陸縦貫鉄道の AN8800 形は、暫定開業後から使用されていた国鉄からの借り入れ車キハ22 形の置き換え用として 1988年2月に登場し、全線開業を待たずに9両が製造されました。 NDC シリーズの車両で車体長は 18.5m、基本仕様は同世代の若桜 WT2500 形 …

【鉄コレ】 山形鉄道 YR-880形

山形鉄道のYR-880 形は、新潟鉄工所製の軽快気動車(NDC)で、1988 年の開業時に6両が導入され、1990 年に2両が増備されました。 18m 級車体の両運転台車で、エンジンは DMF13(250ps)を搭載、冷房装置は機関直結式となっています。 ワンマン運転に対応し…

【鉄コレ】 津軽鉄道 キハ24000形

津軽鉄道キハ24000 形は、1962年から 1967年にかけて新潟鉄工所で4両(24021-24024 )が製造されました。 基本設計が国鉄キハ20 形・21 形に準じたものとなっていますが、一段上昇窓となっているのが特徴で、津軽鉄道初の総括制御可能な液体式気道車となり…

【鉄コレ】 同和鉱業小坂鉄道 キハ2100形

キハ2100 形は、同和鉱業が小坂鉄道事業所向けに自社発注した車両で、1962年から1967 年にかけて日本車両で7両(キハ2101-キハ2107 )が製造されました。同時期に製造された関東鉄道キハ 800 形とほぼ同様の形態を備えた車両ですが、台車はキハ800の空気ば…

【鉄コレ】 羽後交通 キハ3

羽後交通キハ3は 1957 年に川崎車両で製造された横荘線用の液体式機動車です。 当時流行の前面がやや傾斜した2枚窓の湘南スタイルを持つ車両ですが、動力台車側には荷台を持っていたため、スタイルを崩しており、マニアの間では田舎湘南とも呼ばれていたそ…

【鉄コレ】 福島交通 7000系

福島交通 7000系は、最近まで同鉄道飯坂線で活躍していた車両で、飯坂線の 1500V昇圧の際に 1991年に導入されました。 老朽化のため 1000系に置き換えが進み、2019年春までに全車引退となりました。 元東急の旧 7000系で、制御装置は電動カム軸式抵抗制御で…