CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

21-11:鉄コレ_弘南鉄道

【鉄道コレクション】 弘南鉄道

弘南鉄道は青森県の弘前市を中心に弘南線(弘前市駅-黒石駅間:16.8km)と大鰐線線(大鰐駅-中央弘前駅間:13.9km)を運営する私鉄です。 国鉄の特定地方交通線である黒石線を廃止後に一時運営していた時期もありました。 使用車両は、かつては元国鉄や東…

【鉄コレ】 弘南鉄道 モハ1524

弘南鉄道モハ1524 は、元南海1521 形の仲間で、1995年7月に弘南鉄道がモハ1521 形6両、クハ3901 形2両が譲渡されましたが、そのうちの1両です。 20m4扉車の特徴を生かし、朝のラッシュ輸送で活躍したそうですが、以後の輸送合理化が進む中で、ワンマン…

【鉄コレ】 弘南鉄道 モハ1121+クハ1611

弘南鉄道のモハ1121(モハ11形)とクハ1611(クハ16形)は、1930年後半から 1940年前半にかけて、国鉄の前身である鉄道省が木造電車の鋼体化改造により製造した車両で、車体長さ 17m級ロングシートの旧型電車です。 モハ1121 は元クモハ11409 で、クハ1611 …

【鉄コレ】 弘南鉄道 3600系

弘南鉄道 3600系は、元東急 3600系で第二次世界大戦後の混乱期に戦災国電の払い下げを東京急行電鉄が受けて復旧した車両で、そのうちモハ 3601+クハ 3776が鉄道コレクションで製品化されました。 復旧の際、クハ 3776は旧車の台枠のみを流用して車体を新造…

【鉄コレ】 弘南鉄道 6000系

弘南鉄道の 6000 系は、もと東急 6000 系で、7000 系と同時期の 1988年から 1989年にかけて東急から弘南鉄道に譲渡されました。 製造は 1961年で、東京急行電鉄としては 5200系に続くセミステンレス車体が採用され、オール M車・MM' ユニットの採用、1台車…