CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

21-31:鉄コレ_関東鉄道

【鉄道コレクション】関東鉄道

関東鉄道は、1965年に常総筑波鉄道と鹿島参宮鉄道の合併により発足した鉄道で、一時期は茨城県下に5路線を展開・運営していましたが、現在は常総線(取手駅-下館駅間 51.1km)及び竜ヶ崎線(佐貫駅-竜ヶ崎駅間 4.5km )を運営しています。 全線非電化です…

【鉄コレ】関東鉄道 キハ800形

キハ 800形は、常総筑波鉄道時代の1961年に日本車輌東京支店で製造された自社発注の気動車です。 車体は 20m級の片側2扉・両運転台で、台車は空気バネ台車(NA305・NA305T)が採用され、機関は DMH17H(180PS/1,500rpm)が搭載されました。 キハ801 から キ…

【鉄コレ】関東鉄道 キハ310形

キハ310 形は、関東鉄道が元国鉄キハ10 系を譲り受け、車体の新製により更新された上で導入した車両で、1977年から 1979年にかけて2両編成4本の8両が導入されました。 車体は 20m 級片側3扉の全金属製で、前面は貫通扉付の3枚窓、側面の乗客用扉は両開…

【鉄コレ】 関東鉄道 キハ2100形 1次車

キハ2100形は、常総筑波鉄道時代の 1963年に導入したキハ 900形以来、31年振りの完全新製車として、1993年に登場、1996年までに 12両が導入されました。 新潟鐵工所の NDCを基本とし、車体は 20m級で3扉の片運転台車となりました。 客用扉は両開きとなり、…

【鉄コレ】 関東鉄道 キハ410形

関東鉄道キハ410 形は、元国鉄キハ04 系を 1959年に当時の常総筑波鉄道が譲受した2両(キハ41005 及びキハ 41006)で、常総線・筑波線で使用された後、1970年に鉾田線に転入してきました。 1972年には片運転台化・総括制御化・正面2枚窓化などの改造を受け…

【鉄コレ】 関東鉄道 キハ751形

関東鉄道キハ751 形は、元小田急のキハ5000 形で、1955年に東急車輛で製造されました。 DMH17 形の2エンジンを搭載した、日本初の優等列車専用の機動車で、小田急時代は国鉄御殿場線乗り入れ用の「特別準急」などで使用されました。 御殿場線の電化、及び 3…