CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

22-01:鉄コレ_東北私鉄

【鉄道コレクション】東北地方ローカル私鉄

東北地方のローカル私鉄の車両はそれなりに多く所有していて、なかなか一度に紹介できないのですが、すこしずつ掲載を追加しています。 津軽鉄道 青森県の津軽五所川原駅と津軽中里駅を結ぶ20.7kmの路線を運営する私鉄で、冬季に運転される「ストーブ…

【鉄コレ】秋田内陸縦貫鉄道 AN8800形

秋田内陸縦貫鉄道のAN8800形は、暫定開業後から使用されていた国鉄からの借り入れ車キハ22形の置き換え用として1988年2月に登場し、全線開業を待たずに9両が製造されました。 NDRシリーズの車両で車体長は18.5m、基本仕様は同世代の若…

【鉄コレ】 山形鉄道 YR-880形

山形鉄道のYR-880形は、新潟鉄工所製の軽快気動車(NDC)で、1988年の開業時に6両が導入され、1990年に2両が増備されました。 18m級車体の両運転台車で、エンジンはDMF13HS(250ps)を搭載、冷房装置は機関直結式となって…

【鉄コレ】 津軽鉄道 キハ24000形

津軽鉄道キハ24000形は、1962年から1967年にかけて新潟鉄工所で4両(24021-24024)が製造されました。 基本設計が国鉄キハ20形・21形に準じたものとなっていますが、一段上昇窓となっているのが特徴で、津軽鉄道初の総括制御可…

【鉄コレ】 同和鉱業小坂鉄道 キハ2100形

キハ2100形は、同和鉱業が小坂鉄道事業所向けに自社発注した車両で、1962年にから1967年にかけて日本車両で7両(キハ2101-キハ2107)が製造されました。同時期に製造された関東鉄道キハ800形とほぼ同様の形態を備えた車両ですが、…

【鉄コレ】 羽後交通 キハ3

羽後交通キハ3は1957年に川崎車両で製造された横荘線用の液体式機動車です。 当時流行の前面がやや傾斜した2枚窓の湘南スタイルを持つ車両ですが、動力台車側には荷台を持っていたため、スタイルを崩しており、マニアの間では田舎湘南とも呼ばれていた…

【鉄コレ】 福島交通 7000系

福島交通7000系は、最近まで同鉄道飯坂線で活躍していた車両で、飯坂線の1500V昇圧の際に1991年に導入されました。 老朽化のため1000系に置き換えが進み、2019年春までに全車引退となります。 元東急の旧7000系で、制御装置は電動…

【鉄コレ】 弘南鉄道 3600系

弘南鉄道3600系は、元東急3600系で第二次世界大戦後の混乱期に戦災国電の払い下げを東京急行電鉄が受けて復旧した車両で、そのうちモハ3601+クハ3776が鉄道コレクションで製品化されました。 復旧の際、クハ3776は旧車の台枠のみを流用…

【鉄コレ】 弘南鉄道 6000系

弘南鉄道の6000系は、もと東急6000系で、7000系と同時期の1988年から1989年にかけて東急から弘南鉄道に譲渡されました。 製造は1961年で、東京急行電鉄としては5200系に続くセミステンレス車体が採用され、オールM車・MM’ユ…