CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

22-55:鉄コレ_九州私鉄

【鉄コレ】 松浦鉄道 MR-400形

松浦鉄道 MR-400形は、1998年に1両のみが導入された NDCシリーズの軽快気動車で、ワンマン対応の前面貫通型両運転台車です。 18m級としては標準的な仕様ですが、松浦鉄道としては初の18m級車両となりました。(従来の車両は全て16m級) 車内は車両中央部に…

【鉄道コレクション】 九州私鉄

コレクションリスト 島原鉄道/キハ4501 島原鉄道/キハ20形(キハ2006) 島原鉄道/2550形 甘木鉄道/AR100形 松浦鉄道/MR-400形 熊本電気鉄道/モハ121 熊本電気鉄道/200形 熊本電気鉄道/500形 島原鉄道 島原鉄道は…

【鉄コレ】 島原鉄道 キハ4501

島原鉄道キハ4500は、1953年に4501、4502、4503、4505の4両が登場しました。 液体式試作気動車の国鉄キハ44500(キハ15)を基本としていますが、両運転台車とし、客用扉は扉でやや中央寄り、前面は湘南型の2枚窓スタイル、側面…

【鉄コレ】 島原鉄道 キハ20形(キハ2006)

[ 島原鉄道キハ20形(キハ2000形とも呼ばれる)は、国鉄キハ20形と同型車で、国鉄線乗り入れに備えて1958年にに2001~2003の3両が製造されました。 その後、国鉄からキハ20形13両の譲渡を受け、更にJR発足後に水島鉄道からも元国鉄発…

【鉄コレ】 甘木鉄道 AR100形

甘木鉄道AR100形は、富士重工業製のレールバス(LE-CarⅡシリーズ)で、 1986年開業時に AR-101~104 の4両を導入、さらに1989年までに2両を増備しました。全長は 15.5mで、前面は非貫通で大きな運転席窓となり、扉は路線バスのような折り戸タイプと…

【鉄コレ】 熊本電気鉄道 モハ121

熊本電気鉄道モハ121は、元は1927年に開業した南武鉄道が導入した15m級半鋼製車のモハ100形で、この形式は1926年から1931年にかけて15両が汽車会社東京工場で製造されました。 1944年に戦時買収で鉄道省の南武線となり、その後戦…