CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

22-61:鉄コレ_路面電車

【鉄コレ】名古屋市交通局 1400型

名古屋市交通局1400型は、1936年12月から1937年2月にかけて20両が導入され、その後も5次に渡り計75両が増備されました。 車体は12mクラスの中型車で、張り上げ屋根で側面窓は2段上昇窓、両端扉は2枚引戸、中央扉は1枚引戸となりました。 前面は3枚窓で…

【鉄コレ】富山地方鉄道 7000形

富山地方鉄道7000形は、1957年から1965年までに 22両が導入されました。 日本車輌製造製、東京都電 8000形をベースとしていますが、車体は前後を絞っていないため、都電 8000形よりも大型に見えます。 車体の全長は 12,500mm、車幅 2,500mm、車内はオールロ…

【鉄コレ】東京都交通局 7000形7022更新車(旧塗装)

東京都交通局7000系は、1977年以降実施された更新工事で前面1枚窓の新製車体となりましたが、ワンマンカーとなり、外装はクリーム地に従来の赤帯ではなく青帯となりました。 1986年以降実施された更新工事では冷房化が実施され、外装は白と緑の新塗装に変更…

【鉄コレ】東京都交通局 7000形 リバイバルカラー

東京都交通局7000形は、路線縮小の中で荒川電車区に集められた旧7000形の車体更新車で、1978年に登場しました。 運転台マスコンなどの電装品、台車やブレーキなどの主要機器はすべて流用されましたが、車体はアルナ工機で新製され、車番は旧番号の若い順から…

【鉄コレ】東武日光軌道線 100形

東武日光軌道線用100形は、従来木造2軸電動客車などで運用されてきた同線の近代化と輸送力増強を目的として、1953年に10両が製造されました。 車体は、当時としては一般的な12m級の半鋼製車体で、側面はノーシル・ノーヘッダの滑らかなデザイン、妻面は当…

【鉄コレ】東京都交通局 6000形

東京都交通局6000形は、1947年に登場した車両で、1952年までの6年間に290両が製造さ、東京都電の元主力として活躍しました。 6000形の増備と合わせて、戦前から使用してきた旧型車両の3000形242両と4000形117両も6000形とほぼ同形の車体に更新されたため、…