CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

25-02:新レイアウト/Nゲージ運転用

勾配直線区間のバラスト散布 その1

目下建設中の勾配直線区間ですが、今回からバラスト散布を開始します。 写真はバラスト散布を実施した区間を走行するキハ30系2両編成です。 (下からの見上げた写真なので、バラスト散布後の様子がよく分からないのですが・・・) 今回の作業開始前の様子で…

勾配直線部分の作り込み その5

前回に続き、勾配区間直線部分の製作を行います。 写真は、先日購入したばかりの旧型客車で、DE10牽引による試運転列車です。 今回の作業を行う前の様子です。 バラストを散布する順次の作業を行います。 直線区間の外側に、タミヤの1mm角棒を設置します。 …

勾配直線部分の作り込み その4

直線勾配区間の作り込みの続きです。 写真は、今回の作業終了後、設置が完了した石垣の上の地盤を走行する久留里線のキハ38系2両編成です。 レールの右側に設置したGマックスの石垣を上から見たところですが、石垣と地面の間に隙間ができてしまっています。…

勾配直線部分の作り込み その3

写真は今回の作業終了後、京成電鉄からの直通車が通過するところです。 今回も勾配直線区間の作り込みを続けます。 タミヤの2mm角棒から長さ12mmのパーツを2つ切り出しました。 2つのパーツをタイトボンドで貼り合わせました。 設置する場所の長さに合わ…

勾配直線部分の作り込み その2

勾配直線区間のガーター橋との接続部分の製作を続けます。 写真は、今回の作業終了後の様子で、京成電鉄からの直通列車、スカイライナーが通過するところです。 今回製作を続ける部分の作業前の状態です。 まずは、側面上部分の石垣の設置から進めます。 設…

勾配直線部分の作り込み その1

前回まで製作していた曲線部分の製作は一旦中断し、今回から直線勾配区間の製作を再開します。 当面は、この区間の背後地の緑地化・バラスト散布までの作り込みを目指します。 前回の作業では、直線部分端と曲線部分のスチレンボード板をタイトボンドで貼り…

勾配曲線部分外側の製作 その5

今回も勾配カーブ区間の製作を続けます。 細かい部分の作業になります。 写真は今回の作業が終了した後の様子で、勾配区間の内側にある高架線を京成電車が通過していきます。 勾配直線区間末端のスチレンボード板 をタイトボンドで貼り付けました。 次回以降…

勾配曲線部分外側の製作 その4

勾配曲線部分外側製作の続きです。 レイアウト角に設置される工場敷地内の製作も含めて、細かい部分の作業を進めます。(上の写真は、今回の作業が終了した時点のもの。) 前回の 作業終了時点の様子です。 まずは、カーブ区間レール外側のスチレンボードの…

【Nゲージレイアウト】勾配曲線部分外側の製作 その3

前回に続き、勾配曲線部分の外側の製作を進めます。 (写真は今回の作業終了後の様子) この区間、まだやるべき作業が多くあり、これらの作業が完了するまでもう少し時間がかかりそうです。 今回の作業前の状態です。 直線部分の末端、曲線につながる部分で…

【Nゲージレイアウト】勾配曲線部分外側の製作 その2

写真は、目下工事中の曲線区間を通過する189系特急しおさいです。 今回もこの部分の作業を中心に行います。 レールの背後地には小規模の工場があり、鉄道の敷地との境目に「塀」があります。 ジオコレの「塀」をそのまま置いているだけですが、これをきちん…

【Nゲージレイアウト】勾配曲線部分外側の製作 その1

前回までの作業では勾配曲線区間の内側の製作(下地塗装まで)を行いましたが、今回からレールの背後地の製作を進めます。 現在の曲線部分の背後地の状況です。 まずは、レールの外側に設置するスチレンボードの板を作ります。 余剰のC-280カーブレール2本…

【Nゲージレイアウト】勾配曲線部分内側の下地塗装

前回までの作業で、勾配区間の直線部分の下地塗装までを行いましたが、今回はその先に続く曲線部分内側の地形製作・下地塗装の作業を進めました。 今回作業を進めるのは、写真の曲線内側の部分です。 扇状地のような地形にしようと思っています。 ティッシュ…

【Nゲージレイアウト】直線勾配区間の下地塗装他

直線勾配区間の一部は前回までにプラスターの塗布を実施しましたが、この区間の下地塗装を行うことにしました。 下地塗装はその先の区間までの作業を進めてから行った方が効率的ですが、見た目の変化もないとモチベーションが下がってしまうので・・・ レイ…

【Nゲージレイアウト】勾配区間の地形製作 その11

写真は今回の作業を行う前の様子です。 今回は、まずは線路の背後地(写真では右側)にプラスターを塗布し、 合わせてその先の地形製作も進めます。 写真は本線の背後地の架線柱用固定台を設置した部分の拡大したものです。 この勾配区間はそのベースとして…

【Nゲージレイアウト】勾配区間の地形製作 その10

しばらく車両基地の空き地製作を優先していた関係で、本線レイアウトの工事が少し休止となっていましたが、今回から再開です。 写真は今回の作業前の様子です。 まずはレールの脇(写真では直線レールの右側)に仮設置したスチレンボードを外しました。 スチ…

【Nゲージレイアウト】勾配区間の地形製作 その9

車両基地の「空き地」製作で初めてトミックスのシーナリープラスターを使ってみましたが、だいたいどんなものか分かったので、今回から本線レイアウトの製作の中でも順次使用していくことにしました。 上の写真は、今回の作業が終わった後に試運転を行った様…

【Nゲージレイアウト】勾配区間の地形製作 その8

前回から勾配区間の製作作業が再開しましたが、今回はその続きです。 写真は今回作業前の様子です。 いままで使用してきたカッティングマットが老朽化してきたので、新しくタミヤ製のものを購入しました。(これまでと同じA4サイズ) 今後、作業はこちらの…

【Nゲージレイアウト】勾配区間の地形製作 その7

前回までの作業では直線レールの貼り付けが完了しましたので、今回から勾配区間の製作を再開しました。 写真は、ガーター橋との接続するところですが、高低差が大きいため、上部分にも石垣を設置することにしました。 Gマックスの「石垣A」から、長さ50mm・…

【Nゲージレイアウト】勾配区間/直線レールの敷設(貼り付け)

前回までの作業で、ガーター橋の作り込みとレイアウトボードへの固定(貼り付け)を行いました。 これで、ガーター橋に接続する勾配区間に敷設するレールの位置が決まったことから、まずは直線レールの貼り付けを行いました。 レールの貼り付けが完了すると…

【Nゲージレイアウト】ガータ―橋上部分のバラスト散布とウェザリング

前回の作業では、ガーター橋上部分の作り込みを行いましたが、今回はその続きで、バラスト散布とコンクリート部のウェザリングを行いました。 写真は、前回までの作業で仕上がったガーター橋の様子です。 前回奥の右側に仮設置した信号機や付属の細かい機器…

【Nゲージレイアウト】ガータ―橋上部分の作り込み

前回までにガーター橋の塗装とウェザリングを行いましたが、今回はその続きでガーター橋の上部分の作り込みを行いました。 複線ガータ―橋の線路を敷設していない側はコンクリートに見立て、スチレンボードで嵩上げし、ウェザリングとバラスト散布の準備をし…

【Nゲージレイアウト】ガータ―橋の塗装追加とウェザリング

今回は、前回(昨日)に続きガーター橋の塗装作業を行いました。 ガーター橋は昨日カルグレーで塗装したのですが、何か物足りないので下部分をより濃いグレーで塗装し、その後ウェザリングも行いました。 作業前のガーター橋の状態です。 橋脚はGMの灰色9号…

【Nゲージレイアウト】ガータ―橋の塗装他

2021年もGWに入りましたが、自分はコロナ禍のため地方編遠征(撮り鉄)には行かず、昨年同様、地道にレイアウト製作を進めます。 前回は勾配区間の線路の塗装を行いましたが、今回はその先にあるガータ―橋の塗装を行いました。 レイアウトの当初の計画では、…

【Nゲージレイアウト】勾配区間、直線部分線路の塗装

勾配区間の地形はまだ製作途中です。 これまでは、線路を固定しない状態で発泡などを使って原型を作っていたのですが、今後は先の線路を勾配区間に固定(貼り付け)しておかないと作業は進まない状態になっています。 そのため、現在は勾配区間の直線部分に…

【Nゲージレイアウト】ガータ―橋脚の塗装・ウェザリング

勾配区間の地形製作では、これまではまだ線路を固定していない状態で作業を進めてきましたが、そろそろ線路を固定しないと細かい部分が作れない状況になってきました。 まずは直線部分だけでも線路を固定しようかと考えていますが、その前に、線路側面の塗装…

【Nゲージレイアウト】勾配区間への石垣の設置

写真は本日の作業が完了した後の、勾配区間の最高地点の様子です。 走行するのは京成スカイライナー初代AE車。 当鉄道は国鉄の他に京成電鉄の列車も乗り入れてきます。 実車では標準軌の京成の車両が国鉄形も走る狭軌の鉄道に乗り入れることはありませんが・…

【Nゲージレイアウト】勾配区間の地形製作 その6

勾配区間の製作が続きますが、今回は架線柱の仮設置も行ったので、まだ未塗装ながら少しづつジオラマの雰囲気が出てきたような気がします。 写真は、今回の作業終了後、工事区間を走る弘南鉄道6000形2両編成です。 今回の作業前のレイアウトの様子です。 現…

【Nゲージレイアウト】勾配区間の地形製作 その5

勾配区間の地味な地形製作が今回も続きます。 現在、優先して製作を取り組んでいる勾配区間は細長く、長さは直線+曲線で1,700mm程度、実車にすると約255mのに相当します。 週末のみ2~3時間程度の作業なので、この区間の工事を開始してすでに一か月程度が…

【Nゲージレイアウト】勾配区間の地形製作 その4

今回も地道な勾配区間の地形製作を続きですが、合わせてレイアウト用地の拡張も行いました。 因みに、写真のホームに停車している車両は、小田急・・・ではなくて、新潟交通の2200系です。 元小田急の車両ですが、新潟に譲渡された後もこの小田急色で運用さ…

【Nゲージレイアウト】終着駅・貨物線とストラクチャーの配置検討

新レイアウトは、一部で地形造成工事は始めたものの、まだ線路配置の一部は未決定のため、線路の敷設工事も始まっていません。 ストラクチャーの配置決めなどもこれからの状態です。 電動ポイントもまだ追加する予定ですが、所帯持ちのサラリーマンは、それ…