CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

31-19:福島~仙台遠征(2019年)

福島~仙台遠征 その19

宇都宮駅構内で休む、宇都宮仕様の205系と日光線仕様の205系です。 共に京葉線線からの転用車で、京葉線線時代の10両編成から4両編成に短縮しラインカラーのラッピングを変更しただけのように思えますが、実際は転用の際に改造され仕様変更となった…

福島~仙台遠征 その18

黒磯から宇都宮までは、205系600番台で移動。 早いもので、205系転用車がここで運用を開始して5年以上が経過しています。 長野地区や宇都宮地区で運用中の211系もそうですが、非VVVF車なので、JR東日本側いつまでもこのまま使い続けると…

福島~仙台遠征 その17

仙台駅から東北本線の普通で福島駅に移動し、福島駅近くのビジネスホテルで一泊し、翌日千葉の自宅へ帰宅しました。難所は新白河駅と黒磯駅の乗り換え。 東京まで戻るには更に宇都宮駅でも乗り換えとなります。 結構面倒なのですが、JR東日本側でもこれを…

福島~仙台遠征 その16

写真は、仙石東北ラインのの上り快速列車が陸前山王駅に到着するところです。 使用される車両は、ハイブリッド仕様のHB-E210系で、駆動方式は小海線で活躍するキハE200形に準じています。 ハイブリッドといっても、レシプロエンジンとモーターを…

福島~仙台遠征 その15

陸前山王駅のホームでカメラを構えてまっていると、仙台臨海鉄道の貨物列車がやってきました。 期待していなかっただけに、とても嬉しかったです。 タキを牽引してきたスイッチャーはSD55103号機でした。 新年を迎え念入りに清掃されたのか、車体は足…

福島~仙台遠征 その14

陸前山王駅は、仙台臨海鉄道の起点でもあり、JR貨物と受け渡しもこの駅で行われています。 そのため、旅客扱いとしては無人駅ですが、仙台臨海鉄道の社員が運転扱い要員として配置されています。 駅構内の駅舎と番台側に複数の側線が設けられ、かつてここ…

福島~仙台遠征 その13

高城町駅から仙石東北ラインの上り快速列車に乗り、東北本線の陸前山王駅で途中下車しました。 目的は、下りの快速で到着するハイブリッド気動車の撮影です。 陸前山王駅は、1面1線の単式ホームと1面2線の島式ホームから成り、単式ホームに駅舎が設置さ…

福島~仙台遠征 その12

陸前富山駅で途中下車し、上りと下りの仙石東北ラインの快速列車を撮り、高城町駅に戻りました。 ここで20分程度待った後、上りの快速列車に乗車し、東北本線と仙石線の接続ポイントを体験しました。 仙石線は直流電化、東北本線は交流電化と電化方式が全…

福島~仙台遠征 その11

仙石線は、今回は初めての訪問でしたが、沿線の様子は多様で変化に富んでいました。 仙台駅から下り列車に乗車したのですが、最初は地下鉄、陸前原ノ町駅を過ぎると、トンネルから高架線に変わり、ここまでは首都圏近郊の高速鉄道と同じです。 やがて、塩釜…

福島~仙台遠征 その10

仙石線は、仙台と石巻を結ぶ路線で、その歴史は古く、1925年に宮城電気鉄道として仙台駅-西塩釜間が開通したのがその最初で、1928年に石巻までの全線ご開通しました。 2000年に仙台側が地下化された際、あおば通駅までの延伸開業が行われた為、…

福島~仙台遠征 その9

初日は仙台駅近くのビジネスホテルで一泊し、2日は朝から仙石線を訪問しました。 交流電化区間ばかりのJR東日本の東北地区の中で、仙石線は唯一の直流区間で昔から首都圏からの使い回しの電車が運用されてきました。 現在は山手線などで使用されてきた2…

福島~仙台遠征 その8

槻木駅で阿武隈急行線を降りた後は、そのまま仙台駅に向かいました。 写真は仙台地区で活躍するE721系です。 E721系は、JR東日本交流区間で運用される一般用の標準型車両で、仙台空港、今後増備される阿武隈急行も同仕様の車両となる他、青い森鉄…

福島~仙台遠征 その7

写真は、「伊達なトレインプロジェクト」仕様のラッピングトレインとして運行されている、8100系のA-9編成です。 現在8100系のみで運用されている阿武隈急行線内の列車において、目立つ存在となっています。 ところで、1988年に導入された8…

福島~仙台遠征 その6

阿武隈急行が国鉄から丸森線の経営を引き継ぐ際、そのポイントとなったのは、完成間近で凍結されていた工事区間を含めた全線開通と電化でした。 そのため、阿武隈急行は1986年7月に既存の開業区間を非電化のまま引き継ぎ、合わせて凍結区間の工事を再開…

福島~仙台遠征 その5

磐越西線で郡山駅に到着後、東北本線の下り列車で福島駅に向かい、そこからはJRを離れ、阿武隈急行線に乗車しました。 阿武隈急行線は、福島駅と槻木駅を結54.9Kmの路線で、元は国鉄の丸森線で東北本線のバイパス路線として建設されました。 国鉄時…

福島~仙台遠征 その4

郡山駅構内にある郡山総合車両センター郡山派出所のキハ110系です。 ここのキハ110系は、磐越東線用として運用されていますが、東北本線黒磯駅構内の完全直流化以降は、黒磯-新白河間でも使用されています。 磐越東線は、郡山駅と常磐線のいわき駅を…

福島~仙台遠征 その3

磐越西線で移動し、郡山駅に到着した後は、東北本線で福島駅に向かいましたが、郡山駅の構内では、リゾートみのり編成(キハ48の3両編成)が休んでいました。 磐越西線の郡山側(郡山-会津若松・喜多方間の電化区間)は、2015年まで485系による快…

福島~仙台遠征 その2

会津若松駅に緑を基調としたラッピングを施されたキハ40形が停車していました。 このラッピングは、2014年にユネスコエコパークに指定された只見線沿線をPRするもので、青緑色をベースのデザインは、只見川とその地区に生息する動植物をイメージして…

福島~仙台遠征 その1

今年の正月、会津の実家に帰省した後、足を伸ばして仙台地区に遠征してきました。 これからしばらくは、そのネタが続きます。 仙台遠征は昨年に続き2回目で、前回同様に18切符での移動です。 前回は仙台に一泊のみだったのですが、流石に18切符だと、帰…