CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

31-21:上信電鉄高碕(2019年)

上信電鉄/高碕 その7

元西武新101系、上信電鉄500系です。 車番までは確認できていないのですが、おそらく第2編成かと思われます。 マンナンライフの広告車に指定されているのですが、確か2017年12月に訪問したときは真っ赤な塗装だったように記憶していますが、そのときから塗…

上信電鉄/高碕 その6

2013年に営業運転を開始したた上信電鉄の7000形です。 1981年の6000形以来の新製造車両で、1編成のみの導入ですが、車体のデザインやボックスシートを採用した車内の設計などで、上信電鉄のこの車両に対する意気込みが感じられます。 本来なら、静岡鉄道の…

上信電鉄/高碕 その5

本社脇の整備の工場では、既に4本目の整備が行われていました。 (許可を得ての撮影) JRから購入した元107系100番台は、1989年から1990年にかけて製造されたグループで、車歴は 30年程度です。 しかしながら製造されたときは完全な新車ではなく、主電動機…

上信電鉄/高碕 その4

107系留置車の左側にあるのはクハ303です。 200形の2次車ですが、制御車で自走できません。 1997年に冷房化改造が行われましたが、その後も 200形唯一の冷房車として夏場も運用されてきました。 デハ251とベアとなり運用され、2014年に「人形処かんとう」の…

上信電鉄/高碕 その3

上信電鉄の構内で6000形の両脇でやすんでいるのは、JR東日本から購入したままの状態で留置される107系です。 JR東日本から上信電鉄が購入したのは、6本12両ですが、9月までに3本が700形として運用を開始、150形(元西武401/701/801形)3本を置き換えまし…

上信電鉄/高碕 その2

新旧「しまうま」の並びです。 本当は「しまうま」ではなく、群馬サファリパークの「ホワイトタイガー」の柄を模したものなのですが、自分はそれを知らず長年ずっと「しまうま」だと思っていました。 写真では、左の非貫通の湘南顔が、9月に引退したクモハ1…

上信電鉄/高碕 その1

9月の上旬、高崎方面に撮りに出かけた際、上信電鉄の車庫を、覗いてみました。 2017年に引退したJR東日本のから 107系を購入し、今年春から順次営業運転を開始し、置き換えとなる老朽化した既存車の配車もそれなりにら進んでいるようです。 訪問したときは…