CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

31-22:京成3600形を撮ろう(2019年)

京成3600形を撮ろう その9

京急に乗り入れできず、運用的に使いにくいことから、既に廃車が始まっている3600形ですが、同時期に製造された東武9000系・10000系・京急1500形などは、更新工事を受けながらも現役で使われ続けていることを考えれば、少しもったいない気…

京成3600形を撮ろう その8

京成3600形は、見た目では3500形のデザインをマイナーチェンジして少しセンス良くしたような感じですが、車体の構造は大きく異なります。 3500形が 普通鋼の骨組みにステンレス鋼の外板を貼っただけのセミステンレス構造だったのに対して、36…

京成3600形を撮ろう その7

京成佐倉駅に移動し、しばらくのここで行き交う列車の写真を撮っていましたが、ここでやっと3600形を捕まえることができました。 2018年度に3000形8両編成2本が増備され、これに置き換わる形で3600形2本(16両)廃車になりました。 廃…

京成3600形を撮ろう その6

佐倉駅で見かけた、3400形です。 3500形未更新車が引退した後は、この車両の淘汰が進むと思っていましたが、実際には京急線に乗り入れ出来ず使い勝手の良くない3600形の方が先に廃車になるようです。 3400形の走行機器などは、基本的には高…

京成3600形を撮ろう その5

京成津田沼駅から、場所を移動して撮影。 写真は3700形同士の並びですが、ライトのあたりのデザインが少しことなります。 3700形は導入期間が長く、途中でマイナーチェンジが行われ前面のデザインが変更されています。 写真では、手前が初期車・奥が…

京成3600形を撮ろう その4

京成千葉線に乗り入れる新京成の列車です。 新京成電鉄線と京成千葉線の直通運転は全て新京成電鉄側の車両によって行われ、新京成の車両は千葉中央駅まで乗り入れます。 千葉中央駅のホーム長さの関係で、京成千葉線に乗り入れる車両は6両編成までとなって…

京成3600形を撮ろう その3

京成津田沼駅は、京成本線と千葉線・新京成線が接続し、京成・新京成線双方の様々な車両を見ることができます。 写真は京成千葉線にも乗り入れる、新京成のN800形です。 2014年以降順次実施されている新塗装への変更は2017年に完了し、2015…

京成3600形を撮ろう その2

普通列車で運用中の3500形です。 3500形は、4両編成が基本ですが、全車両電動車で、M2車-M1'車の2両で1ユニットを構成し、これを背中合わせで繋いだ形で編成が組まれています。 厳密には、M2車は運転台寄りの台車に主電動機を構成しない「0.5M車…

京成3600形を撮ろう その1

この日は地元の京成電鉄で活動です。 既に廃車の始まっている3600形を今のうちに撮っておくのがこの日の目的です。 まずは幕張から京成に入り、京成津田沼駅で他の車両を撮りながら3600形がやってくるのを待つことにしました。 写真は、津田沼駅構内…