CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

31-30:活動記録_その他

鉄道博物館 その15

鉄道博物館の展示物とは全く関係ないのですが、 鉄道博物館の横には、大宮総合車両センターで検査や整備・修理を行った機関車などを試運転するための側線があり、今回訪問したときは、なんと旧国鉄色で塗装されたピカピカのEF65が、単線を前進したり後退…

鉄道博物館 その14

前回鉄道博物館を訪問した時は展示されていなかった車両です。 初代2階建新幹線「E1系」です。 設計段階では、山形新幹線の400系、東海道・山陽新幹線の500系に続き、「600系」となる予定でしたが、JR東日本が新幹線の車両番号の決め方を変更…

鉄道博物館 その13

東北・上越新幹線の初代車両なる200系です。 自分が子供の頃は、新幹線といえば東海道・山陽新幹線の0系しかありませんでした。 確か「ひかりは北へ」のキャッチフレーズを掲げた看板が、工事箇所に沢山あったことを記憶しています。 鉄道雑誌で初めて2…

鉄道博物館 その12

鉄道博物館のナハネフ22-1号車です。 元祖動くホテル20系の2等寝台緩急車です、1964年から1970年にかけて26両が製造されました。 確か、晩年の20系「あけぼの」でも使用されていたと記憶しています。 展示車両のナハネフ22のトップナン…

鉄道博物館 その11

鉄道博物館展示のクハ181-45です。 151系を上越線特急「とき」などで使用するために出力増強・耐寒耐雪仕様を施したバージョンアップ版で元祖「こだま」型電車です。 厳密に言うと、181系には151系・161系からの改造車と新製車などがあり…

鉄道博物館 その10

鉄道博物館のEF5889号機です。 前面窓につらら切りを装着した耐寒仕様のEF58で、国鉄からJR東日本に引き継がれたものの老朽化により故障してしまったため1999年10月に廃車、一般色に戻され、大宮総合車両センターに保管されていました。 …

鉄道博物館 その9

鉄道博物館に展示されているクモハ40074です。 クモハ4054とともに国府津電車区の事業用として晩年使用され、国鉄民営分割化直前の1987年3月に一旦除籍となりましたが、動態保存の為に翌年の1988年3月に復籍しました。 登場はJR東日本…

鉄道博物館 その8

鉄道博物館に展示されているクモハ101-902です。 新製して間もない1957年10月(当時はモハ90系)に東海道本線(浜松-米原間)で実施された高速度試験において、当時の国鉄車両における速度記録である135km/hを達成し、その後登場した…

鉄道博物館 その7

鉄道博物館のクモハ455-1です。 455系の先頭車で、非冷房で新製投入され、後に分散型冷房装置(AU13E)5基が搭載されました。 交直両用の急行形電車は、皆似たような車両ですが、その形式は複雑です。 初の交直流両用となった401系・421…

鉄道博物館 その6

鉄道博物館のクハ481-26です。 ここでは、クハ481-26とモハ484-61の2両が保存されています。 この2両は、晩年はJR東日本勝田車両センターの訓練車として使用されていた編成の一部で、JNR時代の姿に復元されたものです。 全国各地で…

鉄道博物館 その5

鉄道博物館に展示中のキハ41307です。 元は1934年に製造された機械式ガソリン動車キハ41056で、1948年に天然ガス動車のキハキハ41207に改造され、更に1952年に機関がDMF13に換装されキハ41307(キハ04-8)となりま…

鉄道博物館 その4

鉄道博物館のED75-775号機です。 1971年に実施された奥羽本線秋田-青森間の電化開業に備えて増備された700番台に属します。 700番台は、従来は屋根上に設置された特別高圧機器を室内配置に変更し、パンタグラフも交差型に変更された為、…

鉄道博物館 その3

鉄道博物館のムーミンです。 前回を訪問したときはまだ高碕で保管されていたので、今回初めてのご対面となりました。 EF55-1号機は、1936年に日立製作所笠戸工場で製造され、他の2号機や3号機とともに沼津機関区に配置され戦前には特急「燕」や…

鉄道博物館 その2

鉄道博物館の455系ランチトレインです。 てっぱくライン(構内の遊戯列車用の線路)の「中央駅」に平行するように展示してある2両の455系ですが、団体の入館者がお弁当を食べるスペースとして車内を開放しています。 団体客の利用がないときは一般の…

鉄道博物館 その1

6月の上旬、久々に大宮の鉄道博物館に行ってきました。 このような場所は、土日だと子供を含めた入場者が沢山いて、まともに写真など撮れないので、出来れば平日に行って方が良いです。 今回、平日(月曜)に休みが取れたので訪問したのですが、何故か子供…

東急池上線・多摩川線 その12

鉄活動を終えて、帰宅する途中で見かけた、大井町線の6020系。 このとき既に営業運転を始めていたのですが、その情報を掴んでおらず、ノーマークでした。 これから増備される電車で、撮る機会は今後いくらでもあるので、今回は追いかけずにそのまま見過…

東急池上線・多摩川線 その10

多摩川駅の東横線ホーム渋谷寄りの端は、東横線の中では超有名な撮影ポイント。 午後だと順光で、綺麗な下り列車の編成全体の写真を撮ることができます。 自分がここに立つの2回目で、たまたま他に同業者の方はいませんでしたので、自由に撮ることができま…

東急池上線・多摩川線 その9

都営三田線の6300形と埼玉高速鉄道の2000系の並びです。 最近はこのような全く違うところを走る電車が、また別の場所で並ぶという光景は珍しくなくなりましたね。 東急目黒線では、自社(東急)3000系・5080系の他、こうした他社の車両も含…

東急池上線・多摩川線 その8

東急多摩川線で多摩川駅に移動した後、多摩川駅で少し活動することにしました。 写真は東急3000系です。 目黒線から東京メトロ南北線・都営三田線直通用として導入された車両で現在6両編成13本が運用されています。 前面デザインは、従来の東急電車と…

東急池上線・多摩川線 その5

1000系1500番台どうしのすれ違いです。 このように光景も珍しくなくなりましたね。 池上線は全長10.9キロで全線複線、駅数は15駅の路線で、車両は18m級で、列車は短い3輌編成。 列車頻度は多く、日中でも6分おきに列車がやってきますが、…

東急池上線・多摩川線 その4

東急1000系1500番台です。 池上線・多摩川線には新製配置された生粋の1000系もいますが、こちらは元東横線所属編成で、東京メトロ日比谷線用として運用されていた車両で、8両編成で運用されていたものを改造し、2M1Tのコンパクトな編成にま…

東武東上線他 その6

東上線の9000系です。 1981年試作車1編成が落成し、営業運転を開始しました。 これまでの東武鉄道の一般車と言えば、長年に渡りずっと8000系を作り続け、クリーム色の8000系(旧顔)のイメージが強かっただけに、9000系がデビューした…

東急東横線 その11

埼玉高速鉄道の2000系です。 東横線にはこんな車両も顔を出します。 埼玉高速鉄道は、東京北区の赤羽岩淵駅からさいたま市緑区の浦和美園駅に至る14.6kmの路線ですが、直通運転を行う東京メトロ南北線・東急目黒線を経由して、東横線にも乗り入れ…

東急東横線 その8

東急東横線に乗り入れる、西武鉄道40000系です。 西武・東急・東京メトロ・横浜高速鉄道の4社により運行される「S-TRAIN」は、40000系が専用で使用されています。 平日は通勤客をターゲットに朝夕のラッシュ時間帯を中心に所沢-豊洲間で…

東急東横線 その7

へたっぴな写真で申し訳ありません。 5050系4000番台の第10編成です。 この編成は、渋谷ヒカリエ開業1周年を記念した特別列車「Shibuya Hikarie号」とされ、2013年4月26日から運用されています。 通常の車両をイベント用にラッピングした…

東急東横線 その6

横浜高速鉄道のY500系です。 見て分かるとおり、東急5000系シリーズ と同じ車両(詳細で多少の違いはありますが)を導入したという感じで、直通運転で同様の運用をするのだから、同じ車両を導入した方が製造コストや運用コストなどの点でメリットが…

西武新宿線他 その7

新宿線を走る、3代目「L-train」です。 「3代目…」なんて、どこかの人気グループみたいです。 「L-train」は、外装を埼玉西武ライオンズのチームカラーの濃紺(レジェンドブルー」に施し、チームロゴなどで装飾した車両で、初代は3000系…

西武新宿線他 その6

西武新宿線で運用される特急「小江戸」です。 途中で高田馬場・途中で高田馬場・東村山・所沢・狭山市などの主要駅を停車しながら、西武新宿-本川越間の47.5kmを45分で結びます。 特急としては、走行距離は非常に短く、こんな距離で座席指定の特急…

西武新宿線他 その5

西武2000系シリーズは、大きく分けて、1977年に登場した初期型のグループと、1988年以降に製造された、いわゆる「新2000系」の二つのグループに分けられます。 2000系と新2000系とは外観が若干異なりますが、側面窓が下段上昇・上段…

西武鉄道 その10

西武鉄道10000系です。 1993年から運行を開始している特急形電車です。 西武の看板列車「ちちぶ」「おくちちぶ」「小江戸」などで運用されているにもかかわらず、知名度は低く、地味で話題性も少ないです。 2003年に増備された10112編成を…