CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

E233系 8000番台 南武線

f:id:chibatrain:20170304210059j:plain

↑ 南武線用に導入されたE233系8000番台。

南武線向けのE233系8000番台は、南武線205系2014年10月に登場、35編成21両が中原電車区に増備され、同区の 205系や 209系を置き換えました。
0番台・5000番台の基本編成をベースとした4M2Tの6両編成で、先頭車に CPを、TC車から2両目に予備パンタを、3両目のM’車に SIVを搭載する機器配置はほぼ同一ですが、併結用の電気連結器は装備していません。
詳細の仕様については、この前に導入された横浜線用 6000番台との共通点が多く、客室、運転台などにも LED照明が全面的採用されました。
車内は他の E233系と同様のイメージですが、腰掛は暖色系で、オレンジ基調のランダのム柄の背すりに茶色の座面となっています。
なお、8000番台の投入完了後も しばらく南武線用として残っていた209系1編成の置き換え用として、豊田車両センターから捻出された0番台車1編成が南武線向けの仕様に改造・転用されましたが、この編成は 8500番台車となりました。

8500番台車は、改造時に残された半自動スイッチがついている他、列車番号表示器の取り付け位置も8000番台とは異なります。

f:id:chibatrain:20170304210100j:plain

↑ 南武線用の8000番台は、0番台・5000番台の基本編成に準じた6両編成です。

f:id:chibatrain:20170304210101j:plain

↑ 前面は、帯の色以外ほとんど他のE233系と変わりありません。

f:id:chibatrain:20170304210102j:plain

↑ 側面の乗務員室直後に張り付けられた、イメージロゴ。

f:id:chibatrain:20170304210103j:plain

↑ 側面帯にデザインされたイメージロゴ。

f:id:chibatrain:20170304210104j:plain

↑ 座席が暖色となった車内の様子。

f:id:chibatrain:20170304210105j:plain

↑ 座席の様子。