CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

E231系 900番台

f:id:chibatrain:20170625145355j:plain

↑ 現在も中央・総武緩行線で運用を続けるE231系900番台。 

E231系900番台は、E231系の量産先行試作車で、10両編成1本が 1998年10月に東急車輛製造JR東日本新津車両製作所で分担して新製されました。

新製当初は 209系950番台とされ 209系列とされましたが、性能的には全く異なるもので、 E231系の量産化が開始された直後の 2000年6月に E231系900番台と改番されました。

E231系の大きな特徴である列車情報管理装置(TIMS)はこの 900番台で初めて採用され、VVVFインバータ制御装置は従来のGTO素子から半導体素子のIGBTに変更されました。

主電動機は 209系のMT68と同じ定格出力(95KW)を持ち、近郊線区での 120km/hに備えて改良を加えた MT73 三相誘導電動機を搭載。

ブレーキは回生ブレーキ併用電気指令式ブレーキで、台車は 209系と同型ですが 120km/h 運転対応に備えてヨーダンパの準備工事が施されました。

パンタグラフシングルアーム式の PS33ですが、量産車のものとは交換性がありません。

車体は同時期に量産された 209系500番台に準じていますが、209系500番台車にはない6扉車が連結された他、前面のシルバー塗装、乗務室扉の黄色帯( 209系にはない)、パンタグラフなどに差異が見られます。

E231系900番台の完成度は非常に高く、その後導入された量産車ではほとんど手直しされることなく、その仕様が引き継がれました。

また、同車が 209系 950番台から E231系900番台に改番される際も、量産化改造と呼べる規模の工事は実施されず、車両番号の標記を変更しただけで、検査も受けることなく運用に復帰しています。

E231系900番台は、現在は量産車に混ざって中央・総武緩行線で運用を続けています。

f:id:chibatrain:20170625145356j:plain

 ↑ 量産先行試作車としての完成度は高く、ほぼそのままの仕様で量産化が開始されました。

f:id:chibatrain:20170625145357j:plain

 ↑ 普通に走っている分には、量産車と見分けがつきません。

f:id:chibatrain:20170625145358j:plain

 ↑ この量産先行試作車では、6扉車も製作されました。