CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 名古屋鉄道 5200系

f:id:chibatrain:20171204125640j:plain

名古屋鉄道の5200系は、名鉄としては初めてカルダン駆動方式が採用された5000系の改良型で、1957年に登場しました。

中間車も存在した5000系に対して、5200系は先頭車のみの2両編成とされ、6本計12両が製造されました。

電装品や台車はモ5150形とほぼ同様ですが、側面窓が2連で1組とした一段下降窓となったため車体断面形状が変更され、5000系が丸みを帯びていたのに対して5200系では平面的となりました。

前面デザインは、非貫通の5000系と異なり5200系では貫通形となり、平面ガラスで構成されたパノラミックウィンドウで、前面の貫通扉には引き込み式の貫通幌も設けられました。

5200系は1987年までに全車廃車となりましたが、その後は豊橋鉄道に譲渡され1900系として活躍しました。

鉄道コレクションでは、オープンパッケージで、モ5210-モ5209の編成が製品化されています。  

f:id:chibatrain:20171204125641j:plain

↑ モ5210

f:id:chibatrain:20171204125642j:plain

↑ モ5209

f:id:chibatrain:20171204125643j:plain

↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20171204125644j:plain

↑ 運転席側面の様子

f:id:chibatrain:20171204125645j:plain

↑ モ5210側面の様子

f:id:chibatrain:20171204125646j:plain

↑ パンタグラフ付近の様子

f:id:chibatrain:20171204125647j:plain

 ↑ モ5210の台車

f:id:chibatrain:20171204125648j:plain

↑ モ5209側面の様子。

f:id:chibatrain:20171204125649j:plain

↑ モ5209運転席側面の様子。