CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 名古屋鉄道 キハ20形

f:id:chibatrain:20171230160455j:plain

  名古屋鉄道では、1984年以降、一部の閑散線区について、運用コストを低減する為に、電力供給設備を撤去し気動車レールバス)による運行を行っていました。

キハ20形は、1984年に導入されたキハ10形の増備車で、1987年に1両が製造されました。

キハ10形同様、富士重工製の「LEーCAR  II」がベースですが、1軸台車のキハ10形に対して、キハ20形では2軸台車とし、全長は長く15.5mとなり、バスの部品が多く使用されました。

キハ20形は1990年にも4両が増備され、キハ10形やその後に登場したキハ30形などとともに、八百津線や三河線末端区間で運用されましたが、2001年の八百津線廃止や2004年の三河線末端区間廃止に伴い運用を離脱し、全車ミャンマー鉄道省に譲渡されました。

鉄道コレクションでは、第15弾で製品化されたキハ21を所有しています。 

f:id:chibatrain:20171230160502j:plain

 ↑ キハ21

f:id:chibatrain:20171230160509j:plain

 ↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20171230160513j:plain

 ↑ 運転席側面の様子

f:id:chibatrain:20171230160520j:plain

 ↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20171230160622j:plain

 ↑ 反対側 運転席側面の様子。