CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東武鉄道 634形

f:id:chibatrain:20171126211912j:plain

↑ 東武鉄道634形は、「スカイツリートレイン」用として2012年に登場しました。

 東武鉄道634形は、スカイツリーなどの東武沿線観光用として導入された車両で、快速用6050系の2両編成2本がリニューアル改造されました。

車体の前位側のデッキが埋め込まれ、側窓は一部を展望窓化され、外観は編成毎に青空をイメージしたデザインと夕焼けをイメージしたデザインで施されています。

客室は多彩なシート配列となり、モハ634形は「ペアスイート」と「シングル」で構成され、サロン・前面展望スペース・カウンターテーブル・荷物置き場・バックヤードが設けられました。

一方、クハ634は「ツイン」と「シングル」で構成され、イベントスペース・前面展望スペース・サービスカウンター・荷物置き場・車椅子対応トイレ・洗面所が備えられました。

通常は、2両編成2本を併結した4両編成で使用されています。

2012年11月から特急「スカイツリートレイン」として週末を中心に浅草と太田・大宮・日光・鬼怒川方面を結ぶ臨時特急として運用されてきましたが、2017年4月で終了し、現在は団体列車などで運用されています。

f:id:chibatrain:20171126211913j:plain

 ↑ 6050系からの改造です。

f:id:chibatrain:20171126211914j:plain

 ↑ 側面の様子その1、外観は青空をイメージンした派手なデザインです。

f:id:chibatrain:20171126211915j:plain

 ↑ 側面の様子その2。 パンタフラフ下付近。

f:id:chibatrain:20171126211916j:plain

 ↑ 側面の様子その3。

f:id:chibatrain:20171126211917j:plain

 ↑ 側面の様子その4。展望窓は中からの眺めはかなりよさそうです。

f:id:chibatrain:20171126211918j:plain

 ↑ 側面の様子その5。こちらは夕焼けをイメージしたデザインです。

f:id:chibatrain:20171126211919j:plain

 ↑ 側面の様子、その6。