CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 東武鉄道5710形 青帯車

f:id:chibatrain:20171230165825j:plain

 東武鉄道5710形は、戦後初めて新製された5700系列のうち、貫通形で従来のどおりの、吊り掛け駆動方式で作られた車両で、同系列の中では「B編成」として区別されました。

1951年と1953年にそれぞれ2両編成1本ずつ(計4両)が製造され、2両編成での運用の他、非貫通の5700形(A編成)2両編成の間に向かい合わせの形で組み込まれ、下今市で日光行き・鬼怒川温泉行きの分割併合運転を行う4両編成としても使用されました。

1956年に1700系が登場すると、5710形(B編成)は、非貫通の5700形(A編成)とともに急行に格下げ使用となり、車体に青い帯を、入れた青帯車となりました。

1965年には他の形式である5700形(A編成)や新製時に直角カルダン駆動が採用されながらも後に釣り掛け駆動方式に改造された5720形(C編成)と合わせて、5700系に統合されました。

鉄道コレクションでは、急行格下げ後で青帯車となった姿で製品化されました。

f:id:chibatrain:20171230165830j:plain

 ↑ モハ5710

f:id:chibatrain:20171230165833j:plain

 ↑ クハ710

f:id:chibatrain:20171230165838j:plain

 ↑ モハ5710前面の様子。

f:id:chibatrain:20171230165842j:plain

↑ 運転席側面の様子。

f:id:chibatrain:20171230165911j:plain

 ↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20171230165916j:plain

 ↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20171230165919j:plain

 ↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20171230165922j:plain

 ↑ クハ710側面の様子。

f:id:chibatrain:20171230165925j:plain

 ↑ クハ710運転席側面の様子。