CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 京浜急行電鉄 1000形/試作車

f:id:chibatrain:20171230163223j:plain

 京急1000形の試作車は、1958年にデハ800・デハ850形として2両編成2本が製造されました。

編成は、浦賀寄りがデハ800形・品川寄りがデハ850形され、デハ800側の運転台側にパンタグラフが設置されました。

1000形の量産車は1959年以降製造が開始されましたが、試作車が1000形に改番されたのは1975年で、4両の800形は、デハ1095-デハ1098となりました。

翌1966年には主電動機を換装して性能を量産車に合わせ、1973年には都営1号線への乗り入れを行う為の改造が実施され、前面に貫通扉が設置された他、パンタグラフの位置も品川寄りに変更されました。

その後、量産型では冷房化が順次進みましたが、試作車の4両では実施されず、1988年に廃車となりました。

鉄道コレクション第25弾では、試作車のうちデハ1095-デハ1096の2両が非貫通でパンタグラフの位置が変更される以前の姿で製品化されました。 

f:id:chibatrain:20171230163226j:plain

 ↑ デハ1095

f:id:chibatrain:20171230163228j:plain

 ↑ デハ1096

f:id:chibatrain:20171230163232j:plain

 ↑ 前面は非貫通型です。

f:id:chibatrain:20171230163234j:plain

 ↑ 運転席横側面の様子。

f:id:chibatrain:20171230163321j:plain

 ↑ パンタグラフと屋根付近の様子。

f:id:chibatrain:20171230163324j:plain

 ↑ デハ1095側面の様子。

f:id:chibatrain:20171230163327j:plain

 ↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20171230163330j:plain

 ↑ 1096側面の様子。

f:id:chibatrain:20171230163333j:plain

 ↑ 反対側前面の様子。