CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 東武鉄道5700形/登場時

f:id:chibatrain:20171230171153j:plain

 東武鉄道5700系列は、東武鉄道としては戦後初めて新製された特急用車両で、1951年と1953年の2回に分けて12両が製造され、順次運用を開始しました。

このうちモハ5700形+クハ700形の2両編成2本は、運転台が非貫通構造となった為「A編成」とされ、他の貫通形車両(「B編成」及び「C編成」)と区別されました。

非貫通構造となった前面のデザインは、当時流行した「湘南窓」(正面2枚窓)をベースにアレンジしたもので、ガラス形状を変形した四角形とし、下部分に取り付けられたベッドマークの左右には銀色の装飾帯を3本ずつ並べて配されたものとなり、その個性的なデザインは「猫ヒゲ」という相性で親しまれました。

1956年に1700系が投入されると、「A編成」は「B編成」とともに急行列車に使用されるようになり、その際に側面には青帯が追加されました。

非貫通構造の前面は、分割・併合を伴う運用では使い勝手が良くなかったことから、1960年に貫通扉の設置工事が実施され、「B編成」との差異がほとんどなくなりました。

1965年以降は、「B編成」や直角カルダン駆動から釣り掛け駆動方式に戻された「C編成」と合わせて5700系として形式が統合されました。

鉄道コレクションでは、「A編成」はデビュー当時の仕様と、急行転用後に側面には青帯の入ったものの2種類が製品化されましたが、そのうち前者のものを購入しました。

f:id:chibatrain:20171230171156j:plain

 ↑ モハ5700

f:id:chibatrain:20171230171200j:plain

 ↑ クハ700

f:id:chibatrain:20180108181531j:plain

↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20171230171203j:plain

 ↑ 運転席側面の様子。

f:id:chibatrain:20171230171206j:plain

 ↑ モハ5700側面の様子。

f:id:chibatrain:20171230171235j:plain

 ↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20171230171239j:plain

 ↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20171230171242j:plain

 ↑ クハ700側面の様子。

f:id:chibatrain:20171230171245j:plain

 ↑ クハ700側前面の様子。