CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 名古屋鉄道 3730系

f:id:chibatrain:20180126220930j:plain

名古屋鉄道の3730系は、3700系のマイナーチェンジ版で、1964年に登場しました.。

出力や性能・車体の寸法などは3700系と大差ありませんが、高運転台や1400mmの両開き扉などを採用したのが大きな特徴となっています。

1966年以降の増備車は転換クロスシート車となり3770系を名乗るようになりましたが、その後3730系の一部もオールクロスシートに改造され、さらに1984年にはオールロングシートへの再改造も行われたため、両者の差はほとんどなくなりました。

3730系と3770系は合わせて77両が増備されましたが、これはHL車では最多両数を占めていました。

本線系や瀬戸線などでも運用されましたが、1996年までに全車廃車・引退となりました。

鉄道コレクションでは、ク2762+モ3762の2両が製品化されました。

f:id:chibatrain:20180126220933j:plain

↑ モ3762

f:id:chibatrain:20180126220937j:plain

↑ ク2762

f:id:chibatrain:20180126220940j:plain

↑ モ3762前面の様子。

f:id:chibatrain:20180126220951j:plain

↑ 運転席、側面の様子

f:id:chibatrain:20180126221028j:plain

↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20180126221031j:plain

↑ モ3762側面の様子。

f:id:chibatrain:20180126221034j:plain

↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20180126221037j:plain

↑ ク2762側面の様子。

f:id:chibatrain:20180126221040j:plain

↑ ク2762側面の様子。

f:id:chibatrain:20180126221056j:plain

↑ ク2762運転席側の様子。