CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

EF53-2号機(保存機)

f:id:chibatrain:20180121124419j:plain

↑ 碓氷峠鉄道文化村に保存されているEF53-2号機は、引退したEF59を改造前に復元したものです。

EF53は、初の国産標準型電気機関車となったEF52の問題点を洗い出し、より一層の改良を加えられた旅客用電気機関車で、1932年から1934年にかけて19両が製造されました。

この機関車では、EF52に対して歯車比が旅客列車専用の値に改められた他、無駄なスペースが多かった機器室内も見直され、車体の長さも切り詰められたため、約10トンの大幅な軽量化が図られました。

登場後は、主に東海道本線で活躍し、特急「富士」「櫻」「燕」「鳩」などの優等列車の先頭に立つこともありましたが、EF55・EF56・EF57などの登場後は優等列車のけん引はその後継機に譲り、引き続き東海道本線系で運用されていました。

晩年の主な活躍場所は高崎線で、冬季には暖房車を連結して旅客列車けん引なども行っていましたが、電車化の進展により次第に余剰気味となり、1963年以降は全車EF59に改造されて、セノハチの補機運用に転用されました。

碓氷峠鉄道文化村に保存されるEF53‐2号機は、引退したEF59-11号機をEF53当時の姿に復元したものです。

f:id:chibatrain:20180121124424j:plain

↑ EF53を反対方向から撮影した写真。

f:id:chibatrain:20180121124427j:plain

↑ デッキ部分の写真です。

f:id:chibatrain:20180121124434j:plain

↑ 側面の様子。