CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

上信電鉄PART2 その6

f:id:chibatrain:20180121151527j:plain

 上信電鉄150形の「しまうま」編成(第2編成)です。(本当は「ホワイトタイガー」をイメージしたデザインだそうです。)

元西武801系で、1968年製造なので、車歴は50年以上の高齢車両です。

ただし、1994年に西武鉄道から上信電鉄に譲渡される際に、4両編成から先頭車の運転台を中間電動車に移植する形で2両編成に短縮されています。

最近では車歴が10年から20年程度の車両でもより新しい車両に置き換えられ廃車になってしまう例も少なくありませんが、本来電車の寿命というのはもっと長いものであることを、改めて思い知らされます。

今回、JRから上信電鉄に譲渡された107系は、 1988年間以降の製造なので車歴は30年程度。

完全な新製車ではありませんが、老朽化した主要機器を新しいものに取り替えれば、また20年ぐらいは運用出来るかも知れません。