CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

E231系500番台 山手線

f:id:chibatrain:20180127220703j:plain

 ↑ 山手線で運用されるE231系500番台。2002年に登場しました。

E231系500番台は、山手線のデジタル ATC導入に合わせ、205系の置き換え用として 2002年から 2005年の間に 11両編成 52本(572両)が導入されました。

中央総武緩行線ですでに運用されていた基本番台車に対して、情報サービスの充実や各機器のマイナーチェンジ、先頭形状や腰掛など、一部で設計変更が実施されたため、 500番台となりましたが、同時期に製造された常磐快速線E231系基本番台車との共通点も多いです。

車体は基本番台車の設計に準じていますが、上記のとおり先頭車の前面のデザインが変更され、帯や窓下の前照灯・標識灯のカバーなどは変わりました。

車内では、各扉上部に2面ずつ 15インチの液晶画面が設置され、新たに導入された VIS( Visual Informaton System )により、左に広告など、右に停車駅や運行情報が表示されるようになりました。

走行機器は基本番台の仕様を踏襲し台車・主電動機・ブレーキシステム・パンタグラフなども同一で、ATC装置は床下に搭載されました。

編成は、205系と同一の6M5Tの 11両編成で、将来の運転時間短縮に備え加速性能を向上させるため、他の E231系よりも MT比率を高くしています。

当初は、山手線内の混雑緩和を目的に6扉車が編成中に2両(7号車と10号車)に連結されていましたが、その後山手線全駅にホームドアが導入されることとなり、扉数を4扉に合わせるため、2010年以降、新製された4扉車に置き換えられました。

この4扉車は、車体主要寸法などは既存の E231系に合わせたものの、車体構造などはE233系をベースとされ、7号車用は 600番台、10号車用は 4600番台として区別されています。

2017年以降、新型車両 E235系量産車の山手線への本格投入が開始され、捻出されたE231系500番台車は 11両中1両(10号車)が E235系に組み込まれ、残り 10両(6M4T)は中央総武緩行線に転属するようになりました。

中央総武緩行線への転属は現在順次進められており、2020年春ぐらいまでには全車山手線から姿を消す予定です。

f:id:chibatrain:20180127220707j:plain

 ↑ 基本番台とは一部仕様変更が行われ、500番台車となりました。

f:id:chibatrain:20180127220712j:plain

 ↑ 前面のデザインが基本番台車とは異なります。

f:id:chibatrain:20180127220717j:plain

 ↑ 秋葉原駅に到着するところを撮影。

f:id:chibatrain:20180127220723j:plain

 ↑ 編成比は6M5Tで、加速性を考慮し基本番台よりも動力車の比率は高くなっています。

f:id:chibatrain:20180127220805j:plain

 ↑ 前面の様子。f:id:chibatrain:20180127220809j:plain

 ↑ 運転席側面の様子。

f:id:chibatrain:20180127220812j:plain

 ↑ 側面の様子 その1。

f:id:chibatrain:20180127220818j:plain

 ↑ 側面の様子 その2。

f:id:chibatrain:20180127220824j:plain

 ↑ 側面の様子 その3 パンタグラフ付近。

f:id:chibatrain:20180127220846j:plain

 ↑ 台車や走行機器は、基本番台と同じです。