CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

伊豆急行線 その2

f:id:chibatrain:20180212073502j:plain

熱海-下田間は、当初は国鉄が鉄道を建設する予定され、うち熱海-伊東間は1938年に伊東線として開業したものの、当時の政権の緊縮財政政策により、伊東-下田間の建設は凍結され、実施されることはありませんでした。

その後、1953年に伊豆観光開発構想を樹立した東急は、1956年に伊東-下田間地方鉄道敷設免許を申請しました。

当時同地域での観光資源開発を競っていた西武は、国鉄に伊東-下田間の鉄道建設を持ちかけましたが失敗し、急遽系列会社の伊豆箱根鉄道からも免許申請を行わせましたが、急な申請だったこともあり不備が多く、東急側に同区間の免許が与えられました。

東急は「伊豆下田電気鉄道株式会社」(現在の伊豆急の全身)を設立し、その後1961年に伊豆急行線の開業へとつながりました。

なお、当時免許が発行された条件の一つに、「国鉄が買収を求めてきたら応じること」という内容があったそうです。

現在、国鉄から伊東線を継承したJR東日本伊豆急を買収しようという動きは全く聞かないですね。

なお、鉄道建設に際し、免許を取得できなかった西武側は、鉄道の経由予定地であった下田市白浜周辺の土地(現在は下田プリンスホテルの建っているところ)を押さえるという実力行使を行ったため、伊豆急行線河津駅の南から山側へ進路を変更し、長大な谷津トンネルを掘削しなければならなかったというエピソードもあったそうです。

こうした、伊豆半島東海岸の鉄道敷設をめぐる東急と西武との当時の争いを、通称「伊豆戦争」と呼ばれていました。

現在は、東京メトロを経由して池袋線東横線が相互乗り入れを行うほどの協力関係を持つ東急と西武ですが、当時は仲が悪かったのですね。