CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

南武支線~鶴見線訪問(2013年11月)その2

f:id:chibatrain:20180225175814j:plain

★旧ブログの過去の記事から、2013年11月に南武支線経由で鶴見線を訪問したときの記事をまとめました。

「南武支線~鶴見線訪問(2013年11月)その1」からの続きです。

 

扇町駅から再び浜川崎駅に戻ってきました。

写真はJR貨物の浜川崎駅構内です。
貨物駅は旅客駅の東側にあり、業務は神奈川臨海鉄道に委託されています。

平日の日中撮った写真ですが、ご覧のような状況です。

このヤードから、扇町方面や安善方面、川崎新町方面へは繋がっていますが、すぐ脇を通る東海道線の貨物線とは直接繋がっていません。

そのため、川崎貨物駅方面から浜川崎駅に進入する貨物列車は、いったん南武線川崎新町駅側の引き上げ線に入ってから、推進で進入する形となります。

今はこのようなルートで運用される貨物列車があるかどうか分かりませんが。

f:id:chibatrain:20180225175817j:plain

川崎貨物駅構内の奥に停車しているのは、扇町駅奥の三井埠頭から秩父鉄道三ヶ尻へのコークス輸送で使用されているホキ10000形による貨物列車です。

扇町駅で三井埠頭専用線手前で見かけたのと同じ貨車です。

ヤードはかなり広いのですが、貨物列車はこの1編成しか停車していないのは寂しいです。

現在の需要の少なさを考えると、もうこの広さは必要ないかも知れません。

今回は、列車の時刻も調べないで訪問してしまいましたが、次回は時刻表をチェックした上で、ここを通過する列車の写真を撮りたいと思います。

f:id:chibatrain:20180225175820j:plain

浜川崎駅から、安善駅に移動しました。

写真は、安善駅の構内の様子です。

貨物駅としての立派な構内ですが、先の方にタキが休んでいるだけで、他に貨物列車を見ることができませんでした。

かつては、東京ガスや日本鋳造、富士電機システム、エクソンモービルなどの専用貨物列車で賑わった駅構内ですが、現在は在日米軍の鶴見貯油施設から拝島向けの貨物列車(通称:米タンと呼ばれる)が週に数本走るのみとなっています。

かつての賑わいを、この敷設された複数の留置線から伺い知ることができます。 

f:id:chibatrain:20180225175823j:plain

旅客駅としての安善駅は1面2線の小さな駅で、こんな感じです。

米タンの列車が到着すれば、ここで良い写真が撮れそうです。 

f:id:chibatrain:20180225175828j:plain

JR貨物の駅舎です。

貨物を扱う大きな駅では、このような建物をよく見かけます。 

f:id:chibatrain:20180225182041j:plain

安善駅のホームから鶴見駅方面を撮った写真です。

現在では、この先は貨物輸送はないようです。

ホームの先には道路が横断していて、踏切もありますが、その左側には、真横に支線が伸びています。(写真ではわかりにくいのですが…)

この支線は石油支線と呼ばれ、かつてはその先に浜安善駅という貨物駅が存在しましたが、現在は廃止されています。

かつては、昭和シェル石油横浜事業所やエクソンモービル鶴見潤滑油工場の専用線がこの支線から分岐する形で敷設され、それぞれ専用列車が走っていました。

現在唯一残る「米タン」も、日米軍鶴見貯油施設からこの石油支線を経由して安善駅に入ります。 

f:id:chibatrain:20180225182044j:plain

 構内貨物線の入換信号機とかポイント付近のケーブルなどの様子。

こうした写真を撮っておくと、後でNゲージレイアウト製作の資料になります。

f:id:chibatrain:20180225182047j:plain

安善駅構内奥の引込線の様子です。

浅野駅側の踏切の途中から撮りました。

これらは、米タンで使用されているタキが一時的に留置されているのでしょうか。
残念ながら、この日は機関車もいなかったし、入替作業を見ることは出来ませんでした。

f:id:chibatrain:20180225182050j:plain

安善駅構内の照明灯です。

f:id:chibatrain:20180225182053j:plain

安善駅から延びる石油支線です。

在日米軍鶴見貯油施設の専用線から運行される米タン列車は、ここを経由して安善駅に入ります。

そのため、普段はほとんど列車を見かけることはありませんが、線路はきちんと整備されています。

f:id:chibatrain:20180225182111j:plain

現在の鶴見線の主役、205系による上り列車が安善駅に到着しようとするところです。

鶴見線の205系は全て3両編成で、山手線などからの転入車です。

先頭車は両側とも中間車からの改造車で、オリジナル顔の先頭車はここにはありません。

このうち、クモハユニットは山手線の転属で抜かれたモハユニットの改造車で、クハは埼京線の余剰車サハです。

そのため、側扉窓の大きさは編成中で揃っていません。

f:id:chibatrain:20180225182114j:plain

鶴見線の205系は、3両編成9本(27両)が弁天橋構内の車両基地に配置されています。

ここはかつて弁天橋電車区と称されていましたが、その後中原電車区に統合され、現在は鶴見線営業所となっています。

205系は、鶴見線には,2004年から2005年にかけて導入されました。

その後、京葉線続き、埼京線横浜線南武線と205系は次々に淘汰されましたが、鶴見線の205系は今後しばらくは、このまま活躍を続けるものと思われます。

開業以来、これまで貨物用の臨海鉄道としてその役割を果たしてきた鶴見線ですが、今やその貨物列車はほとんどなくなり、貨物鉄道としての役割をほぼ終えたような感じでした。

205系の旅客列車だけが元気に走っている姿がとても印象的でした。