CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

651系 1000番台 「IZU CRAIL」

f:id:chibatrain:20180305172737j:plain

↑ 2016年7月から運行を開始した「伊豆クレイル」。

651系「IZU CRAIL(伊豆クレイル)」は、元大宮総合車両センター所属の1000番台OM301編成(2M2Tの4両編成)を伊豆のリゾート列車用に改造したもので、改造後は国府津車両センター所属IR01編成となりました。

1号車は海側に窓向き2人用カウンター席と山側テーブル付2日人ボックスを配置し、2号車はラウンジとカウンターが配置されるパブリックスペースで定員はなし。

3号車は海側をコンパーメント席、山側を通路とし、4号車は回転リクライニングシート2+2の配置で、車端部のみ4人固定ボックスとされました。

外装は従来の塗装を基準に、上部分とスカート部がピンク色となり、下部分に「桜」「海風」「さざ波」をモチーフにしたピンクゴールドのラッピングが施されました。

本編成を使用した観光列車「伊豆クレイル」が2016年7月より小田原-伊豆急下田間で運行を開始しています。

f:id:chibatrain:20180305172739j:plain

↑ 大宮総合車両センターで余剰となっていた651系付属編成が転用されました。

f:id:chibatrain:20180305172742j:plain

↑ 651系のスタイリッシュな外観はそのまま残されています。

f:id:chibatrain:20180305172745j:plain

↑ 前面ボンネットの様子。

f:id:chibatrain:20180305172748j:plain

↑ 運転席側面の様子。下部の装飾(ラッピング)が目立ちます。

f:id:chibatrain:20180305172823j:plain

↑ 外観の塗分けなどは元のままです。

f:id:chibatrain:20180305172826j:plain

↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20180305172828j:plain

↑ パンタグラフ付近の様子。交流区間走行用の機器は撤去され、直流区間しか走れません。