CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

205系 3000番台 八高線・川越線

f:id:chibatrain:20180408164127j:plain

 ↑ 八高・川越線で運用される205系3000番台。

八高線川越線で活躍する205系は、山手線へのE231系500番台投入により捻出・転用されたもので、2003年から2005年にかけて4両編成5本(20両)が導入され、既存の103系3000番台車を置き換えました。

先頭車はすべて中間車からの改造車で、ドアスイッチの設置含めた扉の半自動化が実施され、MT比率は2M2T、3000番台となりました。

基本的には仙石線に投入された3100番台とほぼ同仕様ですが、こちらはすべてロングシートでトイレは設置されていません。

パンタフラフは当初は菱形(PS21)でしたが、2004年4月から 2005年2月にかけてシングルアーム式(PS33C)に交換されました。

保安装置は ATS-P・SN型で、対雪ブレーキも装備しています。

2017年11月に中央・総武緩行線から転出・改造されたE231系3000番台の八高線川越線への転用が開始、更に2018年5月以降209系3500番台の転用も開始され、205系3000番台はこれに置き換わる形で、2018年7月までに全車引退・廃車となりました。

f:id:chibatrain:20180408164131j:plain

 ↑ 元は山手線用の車両で、2M2Tの4両編成で組成されています。

f:id:chibatrain:20180408164133j:plain

 ↑ 先頭車は中間車からの改造されたもので、オリジナルと前面デザインが異なります。

f:id:chibatrain:20180408164136j:plain

 ↑ 高麗川駅に到着するところを撮影。

f:id:chibatrain:20180408164139j:plain

 ↑ 八王子駅に停車中の205系3000番台。

f:id:chibatrain:20180408165711j:plain

 ↑ 運転席側面の様子。

f:id:chibatrain:20180408165714j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20180408165717j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20180408165719j:plain

 ↑ パンタグラフシングルアーム式(PS33C)に交換されています。