CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 三岐鉄道 クハ601/クモハ1602

f:id:chibatrain:20180408172346j:plain

三岐鉄道601系は元西武鉄道の451系及び571系で、1981年から1982年にかけて元451系が2両編成3本、1988年に元571系2両編成1本が導入されました。

このうち、鉄道コレクション第7弾で製品化されたのはクモハ601-クハ1602の601編成で、1981年に譲渡された元西武451系です。

西武鉄道から三岐鉄道に譲渡された際、車体塗装はイエロー地に裾周りをオレンジとした三岐鉄道標準色に変更され、前照灯は三岐式の大型ケースタイプとなりましたが、それ以外が大幅な変更はされていません。

制御器は国鉄制式の電空カム軸式CS5制御器、主電動機はMT10を装備していました。

台車は省形釣り合い梁式台車でクモハ601がTR14A、クは1602がTR11Aを履いていましたが、乗り心地向上のため、1984年に京王デハ1900形の廃車発生品であるアムストムリンク式FS30に換装されました。

ベンチレーターはクモハ601がガーランド型となっているのに対して、クハ1601はグローブ型と異なっています。

601編成は、導入後に乗務員扉のステンレス小型化が実施されましたが、それ以外は原型に近い形で運用され、1992年5月に廃車となりました。

f:id:chibatrain:20180408172349j:plain

 ↑ クモハ601

f:id:chibatrain:20180408172352j:plain

 ↑ クハ1602

f:id:chibatrain:20180408172355j:plain

 ↑ クモハ601の前面

f:id:chibatrain:20180408172357j:plain

 ↑ クモハ601運転台側面の様子

f:id:chibatrain:20180408172444j:plain

 ↑ クモハ601側面の様子。

f:id:chibatrain:20180408172447j:plain

 ↑ クハ1602側面の様子。

f:id:chibatrain:20180408172450j:plain

 ↑ クモハ601のベンチレーターはガーランド型

f:id:chibatrain:20180408172456j:plain

 ↑ クハ1602のベンチレーターはグローブ型

f:id:chibatrain:20180408172459j:plain

 ↑ クハ1602運転席側の様子。

f:id:chibatrain:20180408172622j:plain

 ↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20180408172628j:plain

 ↑ 台車の様子。