CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

京王電鉄 デハ2015(静態保存車)

f:id:chibatrain:20180219210737j:plain

↑ 京王れーるランドで静態保存されるデハ2010。

京王電鉄デハ2010系は、京王本線用初のカルダン駆動車として導入された2000系の増備車として1959年に登場、1962年までに2両編成16本(32両)導入されました。

2000系では全電動車方式を前提に設計されたものの、変電所容量の関係で4両編成時に1両分の主電動機出力カットが強いられ、十分な性能が発揮できなかったことから、2010系では、全電動車方式ではなく、MT比率1:1の経済的な編成とされました。

そのため、主電動機は2000系とは異なり、牽引力を重視した低定格回転数・高トルク特性の新設計となるものが搭載されています。

車体は2000系の準じた17m級2.6m幅3扉の全金属製で、前面デザインは湘南窓に由来する2枚窓構成となっています。

運用では、14m級在来車の改造や改造名義で新製された付随車(2500系)などを中間に挟み4両編成とされたり、運転台を撤去し中間車に改造して2700系を増結して6両固定編成にされるなど、他形式と組み合わせて運用されていました。

非冷房であったことから、車歴が25年程度でしたが1984年までに全車廃車となり、その一部は伊予鉄道に譲渡されました。

廃車後、デハ2015は若葉台工場に保存され、その後京王資料館の移動しましたが、2013年に京王れーるランドに移設・保存展示されることとなり、10月から一般公開されています。

f:id:chibatrain:20180219210740j:plain

 ↑ 2010系は、車体は2000系に準じ、前面は2枚大型窓による湘南顔となっています。

f:id:chibatrain:20180219210743j:plain

 ↑ 運転台付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180219210746j:plain

 ↑ ベンチレーターも撮りたかったのですが、あまり写っていません。

f:id:chibatrain:20180219210749j:plain

↑ 中間車との連結側の様子。

f:id:chibatrain:20180219210835j:plain

 ↑ 1961年(昭和36年製造)日立製作所製です。

f:id:chibatrain:20180219210839j:plain

 ↑ 形式名「デハ2010」は、新宿向き制御電動車です。

f:id:chibatrain:20180219210842j:plain

 ↑ 台車の様子。 

f:id:chibatrain:20180219210845j:plain

 ↑ 運転台の様子 その1

f:id:chibatrain:20180219210848j:plain

 ↑ 運転台の様子 その2

f:id:chibatrain:20180219210910j:plain

 車内の様子 その1

f:id:chibatrain:20180219210914j:plain

 ↑ 車内の様子 その2