CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

251系

f:id:chibatrain:20180422134514j:plain

↑ 伊豆のリゾート列車としてハイグレードな車内設備を持つ251系。

251系は、伊豆地方へのリゾート列車の強化を図るために登場した車両で、1990年に登場しました。

JR東日本にとっては初の直流特急形電車となったため、従来の国鉄型車両にイメージからの脱却を目標として開発されました。

従来から特急「踊り子」用として使用されてきた185系は、普通列車での運用も想定された形で設計され、車内設備が他の特急形車両に比べ見劣りをしており、ハイグレードな車内設備を持つ車両の導入が望まれていたことが、251系導入のきっかけの一つです。

メインコンセプトは「乗ったら、そこは伊豆」とされ、インテリアのテーマは「ラグジュアリー」、客室はあらゆる客層から支持されることを目指し、それぞれのニーズに適するよう、異なったデザインが設計されました。

251系の車内は、2両ずつに分けたユニットを1つの単位と考え、ユニット毎に多用なニーズに応えられるよう、それぞれ異なる車内デザインとしました。

ユニットは、利用客のタイプ別に、高品位の静寂空間となる「グリーンユニット」、家族や小グループ向けの「グループユニット」、少人数から団体客まで対応可能な「カスタムユニット」の構成は、3タイプで構成されています。

機器関連は211系や205系を基本とした界磁添加励磁制御を採用、編成は6M4Tの10両編成で、両先頭側4両が付随車、中間6両が電動車となりました。

歯車比率の見直しにより最高速度は 120km/h とされ、ブレーキは電気指令式で抑速ブレーキも備え、パンタグラフは客室空間を最大限に広げるため、新設計の下枠交差形PS27が搭載されました。

台車は651系に準じたボルスタレス式のDT56及びTR241を装備していますが、乗り心地改善のため、ヨーダンパが取り付けられました。

車体はハイデッカー構造が基本ですが、両先頭車と2号車がダブルデッカー車となりました。

屋根や床などにはステンレス鋼が採用され、185系よりも10%程度の軽量化が図られています。

251系は、1990年の運用開始時には2編成が登場しましたが、1992年に2編成が増備され、4編成となりました。
登場から12年を経た2002年には、リニューアル工事が実施され、座席の仕様や塗装の変更などが行われています。

f:id:chibatrain:20180422134516j:plain

↑ 10両編成4本が導入されました。

f:id:chibatrain:20180422134519j:plain

↑ 伊豆急行線に乗り入れ、伊豆高原駅に停車中の251系「ビュー踊り子」

f:id:chibatrain:20180422134523j:plain

↑ 前面運転台付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180422134526j:plain

↑ 先頭車2階建て付近の様子。

f:id:chibatrain:20180422134541j:plain

↑ 東京駅に停車中の251系