CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

西武鉄道

f:id:chibatrain:20180505111217j:plain

西武鉄道は、東京西側・埼玉方面に路線を持つ関東大手私鉄で、現有路線の総延長・旅客営業キロは176.6kmと日本の大手民間私鉄では5番目に長い営業キロを持っています。

運転形態は、、池袋線系統と新宿線系統を中心に別れていて、その他多摩川線が独立した形で運用されています。

特急型車両

f:id:chibatrain:20180505174555j:plain

現在、ニューレッドアローNRAの愛称を持つ10000系が池袋線系統の特急「ちちぶ」「むさし」、及び新宿線系統の特急「小江戸」で運用中。

2019年3月を目処に、新型特急車両を導入予定で、国内初となる大きな3次元の局面ガラスを採用した先頭車のデザインになる模様。

・10000系

通勤型車両

f:id:chibatrain:20180505111316j:plain

2016年に営業運転を開始した40000系は、2019年度までに10両編成8本(80両)が増備される予定。

一方、9000系のうち9106F編成が2017年10月に横瀬車両基地廃車回送され、同系列の廃車が開始され、2018年3月までにさらに2本が廃車となっている模様。

残る9000系(10両5本)ついても、40000系の増備に伴い順次廃車となる可能性が高く、9000系が全車引退となる日も近いと思われます。

101系特集

f:id:chibatrain:20180505180506j:plain

2017年4月現在、101系はワンマン化改造された4両編成10本が在籍し、西武園線多摩湖線多摩川線で運用しています。一部の編成でリバイバル塗装が実施されています。

保存車両

f:id:chibatrain:20180505174557j:plain

横瀬車両基地で静態保存されている中から、一部を紹介予定。

なお、クハ1224は、「旧101系」の記事の中で掲載しています。

  • クモハ351
  • クハ5503

上信電鉄/譲渡車

f:id:chibatrain:20180505174600j:plain

701系やN101系など、西武鉄道からの譲渡車が多く在籍していますが、同鉄道では2018年JR東日本から107系2両編成6本を購入、今後順次老朽車を置き換える予定をしており、旧701系などの車両が廃車となる可能性が高くなっています。

 

流鉄(総武流山電鉄)/譲渡車

f:id:chibatrain:20180505174609j:plain

現在運用されている車両は、元西武N101系譲渡車の5000系で統一されています。

そのうち、ブルー塗装の「流馬」が2017年6月に営業運転を終了しました。

今後、同編成は全般検査の際に塗装変更を実施し、2018年に新しい塗装と愛称でデビューする予定です。

  • 5000系/流星
  • 5000系/流馬(運行終了)
  • 5000系/若葉
  • 5000系/なの花

伊豆箱根鉄道/譲渡車

f:id:chibatrain:20180505174603j:plain

現在、駿豆線て元N101の1300系が在籍していますが、そのうち1編成がかつての西武カラー(リバイバル塗装)で運用中。

三岐鉄道

f:id:chibatrain:20180505174701j:plain

旅客用の列車は、701系・401・N101系全て西武鉄道からの車両で運用されています。

  • 701系