CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東武鉄道 30000系

f:id:chibatrain:20180506163147j:plain

↑ 東上線用として10両固定編成で運用される30000系。

30000系は、半蔵門線田園都市線乗り入れ対応車として、1997年から2003年にかけて3M3Tの6両編成と2M2Tの4両編成各15本の計150両が製造されました。

車体は20m級4扉の軽量ステンレス製で、前面はFRP製で併結運転を考慮して、貫通型となっています。

側面は10030系に準じていますが、扉間の側窓が2連のユニットとなりました。

制御機器は日立製IGBT素子にによるVVVFインバータ制御が採用され、アップダウンとカーブが続く田園都市線での運用を考慮し、1台で定格出力190kWの主電動機を4台制御する1C4M方式とされました。

ブレーキは、回生ブレーキ併用の全電気指令式空気ブレーキを採用し、2001年以降は全車に全電気ブレーキ(純電気ブレーキ)も搭載されるようになりました。

台車は軸箱支持がモノリンク式にボルスタレス台車を履き、パンタグラフシングルアーム式となりました。

なお、他系列との併結は同一の電気指令式空気ブレーキシステムを有する10000系列のみ可能となっています。

運転席は、東武鉄道初のT字型ワンハンドルを採用し、速度計は地下区間のキャブシグナルATCに対応、カラー液晶タッチパネル画面の車両情報制御装置も搭載されています。

2003年に東京メトロ半蔵門線東急田園都市線との直通運転が開始され、30000系は直通列車専用として6両+4両=10両編成で運用されました。

しかしながら、2006年3月以降後継となる50050系の導入が開始されると、30000系は10両編成2本を残し、搭載する直通運転対応機器を50050系に移し、地上線用に転用され、浅草線区間急行・区間準急・普通列車などで運用されました。

2011年以降、地上用として運用されていた10両(6両+4両)編成13本は、東武東上線のATC化及び8000系の置き換え用として森林公園研修区に転属し、東上本線で運用されるようになりました。

東上線転属車13本は、クハ36600形とクハ31400形は付随車(サハ)となり10両固定編成化され(乗務員室は撤去されず)、先頭車の電気連結器が撤去され、情報制御装置の更新なども実施されました。

一方、半蔵門線田園都市線直通用として残った2本は現在も引き続き50050系に混ざって運用されています。

f:id:chibatrain:20180506163150j:plain

↑ 50050系登場後も、2本が半蔵門線田園都市線直通用として引き続き運用されています。

f:id:chibatrain:20180506163153j:plain

↑ 地上線用に転用されていた頃の姿。写真では浅草線区間急行で使用されていました。

f:id:chibatrain:20180506163156j:plain

↑ 他形式編成と併結し、6両運用されていた付属編成(10000系列とは併結可能)。

f:id:chibatrain:20180506163159j:plain

↑ 日光線のローカル運用で使用されていた頃の付属編成。

f:id:chibatrain:20180506163247j:plain

 ↑ 前面の様子。東上線仕様車は電気連結器は撤去されています。

f:id:chibatrain:20180506163250j:plain

 ↑ 運転席付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180506163411j:plain

 ↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20180506163414j:plain

 ↑ 台車はモノリンク式軸箱支持方式ボルスタレス台車

f:id:chibatrain:20180506163417j:plain

 ↑ 中間の先頭車はサハに改造され、10両固定編成化されています。

f:id:chibatrain:20180506163419j:plain

 ↑ 車内の様子。

f:id:chibatrain:20180506163422j:plain

 ↑ ロングシートバケット式。